Edited at

UnityでつくったものをWebで公開する

More than 3 years have passed since last update.

Unityで作ったものを公開したい、遊んでもらいたい!ということがあると思うのでその手順を書いていきます。


つくったものをWebGL形式でビルドする

まずは、作ったものをWebGL形式でビルドしましょう。

ビルドする際に、WebGLを選択したあと、出力先のフォルダを指定するだけです。

結構時間がかかります。20分くらいです。


アップロードする

今回はGoogle Driveにアップロードします。

ビルドしたフォルダをまるごとアップロードし、

そのフォルダで「右クリック→共有→共有可能なリンクを取得」で

こんな感じのリンクが表示されると思います。

https://drive.google.com/folderview?id=”あなたのID”&usp=sharing

このリンクをコピーして、メモ帳とかに一時的に貼っておきます。

次に、以下の”あなたのID”、”フォルダ内htmlファイル名”の部分をコピーしたリンクを参考に書き換えます。.htmlファイルはビルドしたフォルダの中にあります。

https://www.googledrive.com/host/”あなたのID”/”フォルダ内のhtmlファイル名”.html

実際に書き換えたリンクをブラウザで開いてみて、つくったものが動けば成功です。

あとは、このリンクをTwitterやブログに貼るだけです。お疲れ様でした。


参考

WebPlayerでビルドしてからサーバーにアップロードするまで

この記事はWebPlayerでビルドしていますが、今回のようにWebGLでも問題なく公開できます。