Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS to GCP for CloudEndure(クラウドエンジャー)

More than 1 year has passed since last update.

AWSからGCPへ移行したいという話があったので、色々と調べた所、CloudEndureというのがあったのでやってみる。

1.GCP サービスアカウントの作成

CloudEndure011.JPG
 サービスアカウント名 : 任意(案件名とか)
 サービスアカウントID : 任意(案件名とか)
 役割:Project -> オーナーを選択
 新しい秘密鍵の提供 : チェックする
 キータイプ:JSON

 ※このJSONファイルと、プロジェクトIDは後で使う

2.CloudEndureにログイン

02.png

 ログインURL:https://gcp.cloudendure.com/
  「SIGN IN WITH GOOGLE」からGCPのアカウントを選択

3.プロジェクトの作成と設定

 プロジェクト名 : 任意(案件名とか)
  勝手に「GCP CREDENTIALS」の画面に飛ぶ
 
 GCPのプロジェクトIDとJSONのファイルを選択
CloudEndure016.JPG

 SAVEってするとMachinesの画面に飛ぶからTokenをコピーする
  Tokenは次のAgentインストールで使う

4.移行元サーバにAgentのインストール

wget -O ./installer_linux.py https://gcp.cloudendure.com/installer_linux.py
python ./installer_linux.py

 Tokenを入力
 移行するデバイスを選択
 「Installation finished successfully.」と出たら完了

 CloudEndureの画面で進捗が見れる
※この時点ではまだ移行のサーバは作られていなく、レプリケーションサーバが勝手に作成され、移行元のサーバの吸出しを行っている。

5.ブループリントを設定する

 Continuous Data Replicationのステータスになったらそのマシンを選択
 
 Machine Type : 任意(移行元に合わせる)
 Machine Name : 任意(移行元に合わせる)
 Subnet : 任意(Default)
 Private IP : 任意(Create New)
 Disks : 任意(移行元に合わせる)

 「SAVE BLUEPRINT」をクリック

6.テスト的に作成

 LAUNCH TARGET MACHINEからTest Modeを選択 CONTINUE

7.接続して、テストを実施する。

 STATUSが「Target Launched.」になっていたらGCPで仮想マシンが起動している。
 色々問題がないかテストする。
 

8.正式に作成する。

 LAUNCH TARGET MACHINEからCutOverを選択 CONTINUE

9.完了!

 LIVE MIGRATION LIFECYCLEがCutoverになってたら完了!
AMIとか使ってのイメージ移行よりこっちのが断然楽ですね。


Agentの削除方法

CloudEndureの画面の「MACHINE ACTIONS」にある[Remove Machines from This Console」でCloudEndureの管理画面から削除&Agent削除が行われる。

ちなみに
「Delete Target Machines」を選ぶとGCP上の仮想マシンが削除(CloudEndure上では残るので移行のやり直しが出来る。
「Stop Data Replication」はレプリケーションをやり直す?想定するシチュエーションが分からないので触れないでおく。

残ったレプリケーションサーバ

CloudEndureに登録されてるマシンは全て削除して、プロジェクトも削除したら数分後に勝手に消えました。

参考URL
https://cloud.google.com/compute/docs/tutorials/migrating-vms-compute-engine?hl=ja

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away