Help us understand the problem. What is going on with this article?

ゲストのCentOS7からインターネット接続する方法(NAT)

More than 3 years have passed since last update.
  • Windows 10
  • VMware Workstation 14 Player
  • CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)

という環境のもと、ゲストのCentOSからインターネットに接続するための方法(設定はNAT)をまとめた――というより自分の作業記録ができたので、共有したいと思います。超絶超絶超絶苦労したぜ(´・ω・`)

お断り: ちなみに「ゲストOSから外部ネットワークに接続する方法」については、インターネット上ではさまざまな手法が紹介されています。これは「ゲストOSからインターネットに接続できない」原因が多種多様だからであり、わたしがこれから紹介する方法もそのひとつの対策法に過ぎず、少なくとも唯一絶対の解決策ではありません。要するに以下の方法で問題が解消しなくても、怒らないでほしいということと、あきらめずに別の手法を試してほしいということです(´・ω・`)

➀「スタートメニュー > 設定 > Windowsの設定 > ネットワークとインターネット > 状態 > アダプターのオプションを変更する」の順番に押下します。なお「設定」は下図赤枠の歯車アイコンになります。またスタートメニューは、通常画面下にあるWindowsアイコンを押下する、もしくはキーボードのWindowsキーを押下することで表示されます。

widowsの設定2.png

状態_edit.png

➁「アダプターのオプションを変更する」押下時に表示される「ネットワーク接続」のウィンドウにおいて、実際にインターネット接続に利用しているアダプターを特定し、そのアイコンの上部で右クリックし「プロパティ」を押下します。その後表示される「xxxのプロパティ」ウィンドウでは、まず「共有」タブに移動し「ネットワークのほかのユーザに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する(N)」にチェックを付けます。すると「ホームネットワーク接続(H):」のプルダウンメニューが活性化されるので「VMWare Network Adapter VMnet8」を選択し「OK」を押下します。

ネットワーク接続2_edit.png

Wi-Fiのプロパティ_edit.png

➂➁で表示した「ネットワーク接続」のウィンドウに戻った後、「VMWare Network Adapter VMnet8 > VMWare Network Adapter VMnet8の状態 > 詳細」の順番に押下すると「ネットワーク接続の詳細」ウィンドウが表示されるので「IPv4 アドレス」の値を記録しておきます。

ネットワーク接続の詳細_edit.png

➃VMware Workstation Playerで、インターネット接続をしたい仮想マシンの「仮想マシン設定の編集(D)」を押下します。その後表示される「仮想マシン設定」で「ネットワークアダプタ」を押下、右ペインの「ネットワーク接続」で「NAT」のラジオボタンがチェックされていることを確認します(別の設定になっている場合は「NAT」にチェックをつけて「OK」を押下します)。

VMWare Workstation 14 Player_edit.png

仮想マシン設定.png

➄ここでCentOSを起動。「アプリケーション > システムツール > 設定 > すべての設定 > ネットワーク > 有線 > 歯車アイコン」の順番に押下します。

アプリケーション_edit.png

すべての設定_edit.png

Network_edit.png

➅「有線」ウィンドウでは「IPv4」タブへ移動。以下の通りに設定を行います。

  1. IPv4(4) オン
  2. アドレス(A) 自動(DHCP)
  3. DNS 自動オフ
  4. サーバー ➂で記録したIPアドレス
  5. ルート 自動オフ

有線_edit.png

➆あとは任意の方法でネットワーク環境を再起動すると、ゲストOSからインターネットへ接続できるようになっている――はず(´・ω・`)

qiita.png

neko_the_shadow
IT業界の片隅でひっそり生きるシステムエンジニアです(´・ω・`)
https://nekotheshadow.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away