Screen Sizes and Densities(Dashboards)の読み方

More than 3 years have passed since last update.

Android Developersでは毎月DashboardsというページでOSバージョンや端末特性ごとのシェアを公開しています。

その中のScreen Sizes and Densitiesという項目について本記事で説明したいと思います。


Screen Sizesとは何か

20160113100323_2cb99ceb4e5d59c507f0645fce1761952d00b86f.png

横軸のDensities(ldpi〜xxhdpi)は端末の画面密度のことで、液晶サイズと解像度から求めることができます。

一方縦軸のScreen Sizesは液晶サイズの分類と思いがちですが、実際には解像度と画面密度から算出されるdp解像度を元にグループ化されています。

以下の図はSupporting Multiple ScreensページにあるScreen Sizesとインチ数(と画面密度)のマッピング図です。

この図だけ見ると「5〜7インチ端末はlargeで

8インチ〜10インチがxlarge」と思ってしまうかもしれませんが、更に下の注意書きを良く読む必要があります。


xlarge screens are at least 960dp x 720dp

large screens are at least 640dp x 480dp

normal screens are at least 470dp x 320dp

small screens are at least 426dp x 320dp


large screenは少なくとも640dp x 480dpと書いてあり、横幅480dpの端末はスマートフォンではほとんど存在しません。

Xperia Z Ultraなどごく一部のファブレットが480〜600dpの間にいるくらいで、Nexus5XやNexus6Pですら横幅は410dpです。

つまり、スクリーンサイズに関わらずほぼ全てのスマートフォンが含まれるScreen Sizes区分はnormalになります。

先述のマッピング図はかなり古いもので、スマートフォンの大型化が進んだ現在ではあまり役に立ちません。

このScreen Sizesによる区分は直感的でなかったためか、Android 3.2からはdpによる区分が推奨されるようになりました。

New Tools For Managing Screen Sizes | Android Developers Blog


Screen Sizes and Densities対応表

新しくdpによる区分が推奨され、実装面では非常に楽になったものの、DashboardsはなぜかScreen Sizesベースで提供され続けています。

Dashboardsを読み解くためには、結局Screen SizesとDensityから対応する端末を算出するしかありません。

Supporting Multiple ScreensのページにAndroid Sdkが持つAVDのスキンと端末解像度の大雑把な対応表が表示されているので、これを見てみます。

20160113101746_3f7e86507c12e5af0ddc2df9ea4b05290b2bb885.png

一部はそのままでも使えそうなのですが、この表も古いです。

シェアが22.1%あるはずのnormal-xhdpiには今ではほとんど見かけないIS03と同じ解像度が書いてあります。

しかしこのAVDのスキンベースで判定するという方法は既存端末の一部には有効です。

AVD作成画面でプリセットされている端末情報を見るとDensityとSizeがしっかりと記述されています。

Nexus6やNexus6PもちゃんとSize :normalに分類されており、信頼性がありそうです。

20160113155959_33d2c2df39e1979ae32e32cf8fdb5ebca29d5741.png

ただし、既存の端末をCloneするとなぜかSizeが変わってしまいます。

自分で設定した端末のSizeが正しいかどうかもよくわからないので、プリセット以外はあてになりません。

20160113160322_8719efc8ca992b14975f8aba82c6c19daf9208dc.png


端末を表に当てはめる

ADでは最近の端末解像度との対応表が見つからなかったので、最近販売された端末からScreen Sizes and Densitiesと端末の対応表を作りました。

シェアが5%以上あるものは 太字 にしています。

以下の記事を元に主流な端末情報を当てはめています(インチ数は目安です)。

2015年発売Android端末のdp解像度まとめ

2014年発売Android端末のdp解像度まとめ


ldpi
mdpi
tvdpi
hdpi
xhdpi
xxhdpi
xxxhdpi

Small
3in 240x3201

-
-
-
-
-
-

Normal
-
4in 320x480
-
4in 480x8002
5in 720x1280
5in 1080x1920
5in 1440x2560

Large
7in 800x480
7in 1024x600
8in 1280x800
8in 1440x900
8in 1920x1200
-
-

Xlarge
-
10in 1280x800
-
10in 1920x1200
10in 2560x1600
-
-

これで現在でもよく見かける解像度の表になりました。

1年前のDashboardsと比べるとスマホ/7インチタブレット/10インチタブレットの比率はあまり変わらないままスマートフォンの画面密度が向上してきているのがわかります。