gcp

Google Cloud Repositories を使ってみる

この記事は 2017.12.19 時点のものです。


プライベートなリポジトリが欲しいけど、githubに課金するほど継続するプロジェクトかわからない・・・そんな時、GoogleのCloud Source Repositoryの正式版サービスが2017年の5月頃から始まったことを知りました。今回は Cloud Source Repositories - Google Cloud Platform を使い始めるまでを備忘としてまとめます。

以下のセットアップはWindows10で行っています。

価格について

gcpsr-price.png

  • プロジェクトあたり5ユーザまで無料
  • 50GBまで無料

主な特徴

よいところ

  • プライベートリポジトリが利用可能
  • Github / Bitbacketリポジトリとの自動ミラーリングによるバックアップが可能
  • ブラウザからソースを眺められる(プレビューはまだ貧弱)

わるいところ

  • 住所・クレカ登録が必要
  • セットアップ手順が多い
  • ローカルに Cloud SDK というGCPサービスCLIのインストールが必要
  • ユーザ名はフルメールアドレスでかつ、パスワードには自動生成された長ったらしいものしか使えない?

利用開始までの手順

  1. Google Cloud Platformに登録する(住所&クレカの入力)
  2. GCPコンソール上で新規プロジェクトを作成する
  3. 作成したプロジェクトでSource Repositoriesの利用を有効にする
  4. リポジトリを作成する
  5. ローカルPCにCloud SDKをインストールする
  6. ローカルPCでCloud SDKの初期設定(GCPとの接続認証と初期設定)を行う
  7. プライベートリポジトリとの認証のためにローカルPCに netrc ファイルを作る
  8. セットアップ完了!ようやく利用開始できます。

ちょっと手間取った要点

認証設定ヘルプページではUNIX系向け手順しかありませんでした。

Windows10でかつローカルにgitの1.6以上がインストールされている場合は、ローカルに次のnetrcファイルを作成してください。

場所:
C:\Users\{ユーザ名}\_netrc

内容:
machine source.developers.google.com
login {認証時に表示されたusrename}
password {認証時に表示されたpassword}

それ以外の手順は多いですが、丁寧な公式ドキュメントがあるので特につまづきませんでした。

リポジトリのブラウザ上でのプレビュー

ファイルツリープレビュー

READMEのプレビューを表示してくれない。

gcpsr-dir.png

ファイルプレビュー

マークダウンは生のテキストで表示されます。シンタックスハイライトも貧弱そうな印象でした。

gcpsr-js.png

まとめ

サービス開始からまだ日が浅いのもあり、プレビュー機能などがまだ弱い印象でした。

メインで使うなら Bitbucket や Gitlab などのほうが導入コストやソースプレビュー機能などの面で勝っている印象を受けましたが、リポジトリのミラーリング機能というユニークな機能を提供しているので万が一のバックアップ用に第2のリポジトリとしての選択肢には良いかもしれません。

個人的にはもう少し成熟するまでは Bitbucket を使おうかなという印象でした。