Help us understand the problem. What is going on with this article?

iOSプログラミングでの事前知識を経ずにmacアプリを開発する記事を書きたい

More than 1 year has passed since last update.

第一回 環境構築とswiftの基本

そもそもこの記事を書くにあたって

 私自身が未だにGUIアプリを作ったことがなく,5年ほど前からiPhoneのアプリを作りたいと思っていたこと,そういえばmacのアプリ作ってみたいなってふと思い立ったこと,そしてmacアプリを作りたいという記事がほとんどの人がiOSプログラミングの知識が前提で書かれていたことで私が嘆いたところなら自分で記事書けばいいのかってなったことなどいろいろあります.
私の個人的事情などどうでもいいのでとりあえずswiftの基本から見ていきましょう.ほかの言語をある程度触ったことがある人向けなので最初に私の記事を読んだ人には厳しいかもしれません.

Swiftとは

2014年にAppleが発表したプログラミング言語である.
基本的にiOSやMac向けのアプリの開発はSwiftかObjective-Cを使う.
現在でもObjective-Cを使ったアプリケーションの開発は可能ですが今から学習するのであれば学習コストが低くなり言語としても新しいSwiftを勉強するのが無難だと思われる.

Swiftの強み

  • WindowsやLinuxでも動く様になった(らしい)
  • Objective-Cよりも簡単
  • コンパイラが高速(やっぱりC++には勝てないけど割と早い)
  • だけどスクリプト言語の様に扱える.
  • クロージャ,タプル,ジェネリクスなどが実装されたモダンな「言語」

Swiftの弱点

  • 新しい言語のため仕様変更が多い(私の開発環境は4.0以降ですが参考文献は3.1をターゲットとしているので100%の動作保証はできないです.)
  • 情報が少ない(少しずつ増えてはいるけど)
  • XCodeが英語だから英語読めないと厳しい
  • 結局ubuntuとかだとiosとかのapiは使えないからguiの開発ができない(実際に私もmacを使って開発を進めます.)

環境構築

MacであればappstoreからXcodeをDLする.
get started with a plyagroundを選択する.スクリーンショット 2018-10-23 16.01.21.png
macOSの欄からBlancを選択し,playground環境を作る.
Swiftに慣れるまではplaygroundを使ってCUIで行う.

Swiftの文法的特徴

  • 文末のセミコロンは必要ない
  • 変数宣言時に型の宣言はしなくてよい
  • 暗黙的な型変換は行わない.
  • コメントの書き方はCなどと同じく"//"と”/**/”
  • 範囲演算子なるものがある
  • nilとオプショナル型という物がある

ざっとこんな感じでまとめられます.
とりあえずhelloworldを書いて見ましょう

ソースコード

var hw="helloworld" //変数宣言と代入
let lang="Swift" //定数宣言
print(hw)
print(lang)

実行結果

helloworld
Swift

次回予告

次回はSwiftの基本構文についてまとめたのちXcodeについても多少まとめられればと思います.
なるべく早めに進捗出します.

参考文献

プログラミング経験者のためのSwit最速入門(著天田士郎)

nayuta_1999
PHPとかDockerとか楽しいですね
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした