Help us understand the problem. What is going on with this article?

Jiraではじめるスクラム開発-スクラムボードの使い方初級編-

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

アジャイル/スクラムでチーム開発を行う場合、バックログをどのように管理するかが最初の悩みポイントになると思います。
今回はJiraでバックログを管理する利点についての解説と、実際にJiraでスクラムを始め、最初のスプリントを終えるまでの手順を紹介します。

こんな人におすすめの記事です

  • Jiraを使っていて、アジャイル/スクラム開発をはじめたい
  • バックログの管理に悩んでいる
  • 物理カンバンとコードベースの二重管理に悩んでいる

[前提として] Jiraとは?

Jiraは、Atlassian謹製のソフトウェア開発ツールです。
Jira 紹介ページ

[前提として]物理カンバンとは?

このあと説明に出てくる物理カンバンとは、その名のとおり「物理的なカンバン」です。
ホワイトボード、壁などに付箋でタスクを貼ってカンバンとするケースが多いです。

物理カンバンについて説明されている記事

物理カンバン? Jira?

まずは、それぞれのメリットを比較してみましょう。

項目 物理カンバン Jira
視認性 ◎(ひと目で全て確認できる) ○(ディスプレイサイズ/解像度に依存)
柔軟性
リアルタイム性
コードとの連携 -
履歴の残しやすさ
バーンダウンチャートなどとの連携

得意分野が違うということがわかります。
常にメンバーが状況を確認できるようにしたい場合やJira Softwareで表現できない運用をしたい場合は物理カンバンがおすすめです。
ですが、下記の項目で該当するものがあるならばJiraではじめることをおすすめします。

  • すでにJiraを利用している
  • コードとタスクの進捗を連携させたい

それぞれ、簡単に解説します。

すでにJiraを利用している

すでにJiraを利用している場合、簡単にバックログに移行することができるためおすすめです。


こちらは通常の課題表示。
2018-11-22_12h43_40.png

スクラムボードを作成すると、既存の課題は自動的にバックログとして扱われます。また、バックログの画面から簡単に課題を作成することができます。
2018-11-22_12h46_30.png

コードとタスクの進捗を連携させたい

Bitbucket, Jiraを使っているのであれば カンバン上でのトランジションとブランチでのプルリクが連動する のでおすすめです。
(この段階ではなんのことやら、という方もいらっしゃると思います、「スクラムカンバン」の項目まで読み進めてください)
ブランチは課題から簡単に作成することができます。
2018-11-22_12h48_37.png

詳しくは Atlassianのサイトをご確認ください。

Jiraでのスクラムのはじめ方

ここからは、実際にスクラムボードを作成してみます。

スクラムボードの作成

スクラムを実施したいプロジェクトをひらくと、「ボードを作成」という項目がありますのでそちらをクリックします。
2018-11-21_09h27_16.png
スクラムボードとカンバンを選ぶことができますが、今回はスクラムボードを選択します。
2018-11-21_09h28_06.png
細かいフィルターを設定することもできますが、まずは既存のプロジェクトを選択します。
なお、フィルターについては作成後に変更することも可能です。
2018-11-21_09h29_42.png
ボードに対して名前をつけ、作成ボタンを押下します。
2018-11-21_09h30_24.png
これで、無事にスクラムボードを作成することができました。
スクラムボードでは様々な設定を行うことができます。この記事ではバックログの作成、スプリントの作成のみ紹介します。
2018-11-21_09h31_53.png

バックログの管理

課題の作成

まずは、「課題を作成」をクリックします。
2018-11-22_12h46_30.png
課題タイプを選択できますが、今回は「タスク」を選択します。
2018-11-22_14h15_25.png
次に「スプリントの作成」を行いたいので、「新しいスプリントを作成する」という名前を打ち込みます。
2018-11-22_14h15_50.png
入力し終え、エンターを押すと新しい課題として発行されます。
2018-11-22_14h16_07.png

スプリントの作成

右上にある「スプリントの作成」を押します。
2018-11-22_14h20_40.png

作成されたらスプリント名称を決めます。今回は「1st Sprint」とします。
また、スプリントの目標を設定することもできます。
2018-11-22_14h23_13.png

バックログからスプリントへ課題を移動する

スプリントができたら、そのスプリントで実施する課題 をバックログから移動してきましょう。複数選択する場合はCtrl, Shiftキーを利用してください。
2018-11-22_14h25_30.png

スプリント開始

1つ以上の課題がスプリントに存在すると、「スプリントの開始」が有効になります。
2018-11-22_14h29_06.png

スプリント期間を設定して、いよいよスプリント開始です。
(画像のようにストーリーポイントが見積もりフィールドに設定されていないと警告が出ます、実際に運用する際はぜひ見積もりも行ってください)
2018-11-22_14h30_23.png

スクラムカンバン

いよいよ最初のスプリントが開始しました。
スクラムカンバンをみてみましょう。
2018-11-22_14h58_35.png

ボード上のドラッグアンドドロップでステータス更新できるため、これまでJIRAを利用していた方はこれまで以上に簡単に課題を管理することができます。
2018-11-22_15h00_15.png
2018-11-22_15h02_09.png

カンバンのカスタマイズ

今回はカンバンに表示する列のカスタマイズを行います。
「ボード」をクリックし、ビルダーを選択します。すると、ビルダー画面に遷移します。
2018-11-22_15h04_03.png

「列」を確認すると、今回作成したプロジェクトのワークフローでは「進行中」に多く集まってしまうことがわかりました。
2018-11-22_15h04_43.png

*Bitbucketと連動させるので、「開発中」と「プルリクレビュー待ち」を区別したい
*「実際に作業中」のものだけ進行中に置きたいので、待ちが発生するものをプールするところがほしい

ということで、「レビュー中」「待機」列を追加しました。
これでやりたいことはできたので「ボードに戻る」を押下します。
2018-11-22_15h16_08.png

スプリントを完了させる

そのスプリントが終了したら、「スプリントの完了」を押して終了させます。
2018-11-22_15h17_14.png

完了させると、レポートページに飛びます。
Confluenceと連動させてふりかえりページを作成することができますが今回は割愛します。
2018-11-22_15h19_16.png

おわりに

これで、Jiraを活用してスクラム開発を行う基本的な準備は整いました。
Atlassian製品同士の強力な連携やベロシティグラフ、エピックバーンダウンの作成など今回紹介していない便利な機能もたくさんありますので、ぜひいろいろ試してみてください。

navitime_tech
株式会社ナビタイムジャパンの技術に関する情報を発信します。 ※ご意見、お問い合わせは公式サイト (https://www.navitime.co.jp/) からお願いします。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした