Android
課金
GooglePlay
定期購読
Subscription

GooglePlay定期購読でのアップグレード/ダウングレード Part1

GooglePlay定期購読のアップグレード/ダウングレードの仕様についてです。

アップグレード/ダウングレードとは

GooglePlayではAppStoreのアップグレード/ダウングレードよりもシンプルです。コースを乗り換えるという意味合いとなり、価格が低いものから高い ときに適用されるのが アップグレード価格が高いものから低いもの変更する ときに適用されるのが ダウングレードです。
AppStoreと違い、アップグレード/ダウングレードすると即コースは変更されます。

仕様

金額 アイテム 期間      
300円 アイテムA 1ヶ月      
600円 アイテムB 1ヶ月      

アイテムA→Bがアップグレード、B→Aがダウングレードです。

アップグレード

googleplay_upgrade.JPG

:one: Aを4/1に登録すると、次の更新日は5/1となる。:yen:300円の決済発生
:two: 4/10にBに乗り換える。この時点でBに変更となる。次の更新日は4/20となる。:yen:決済発生なし
   Bの有効期限の計算方法は以下の通り
    Aの日割り金額が10円Bの日割り金額が20円である
    Aを10日間利用したので10 * 10 = 100円分利用したこととなり、残金は200円となる
    Bを200円で利用できる日数は 200 / 20 = 10日となる
:three: 4/20にBの更新が行われる。次の更新日は5/20となる。:yen:600円の決済発生

ダウングレード

googleplay_downgrade.JPG

:one: Bを4/1に登録すると、次の更新日は5/1となる。:yen:600円の決済発生
:two: 4/10にAに乗り換える。この時点でAに変更となる。次の更新日は5/20となる。:yen:決済発生なし
   Aの有効期限の計算方法は以下の通り
    Aの日割り金額が10円Bの日割り金額が20円である
    Bを10日間利用したので20 * 10 = 200円分利用したこととなり、残金は400円となる
    Aを400円で利用できる日数は 400 / 10 = 40日となる
:three: 5/20にAの更新が行われる。次の更新日は6/20となる。:yen:300円の決済発生

まとめ

GooglePlayでの課金コースの乗り換えは返金や追加のお金が発生せず、また即時の乗り換えが可能なのでユーザビリティがよさそうです。
次回はコースを乗り換えたかどうかをサーバ側でどう判定するかなどをまとめようとおもいます:sparkles: