swiftにデータベースのRealmSwiftをくっつけるのを1からやる

流れ

  1. CocoaPodsというiOS向けのライブラリー管理のgemをインストールする
  2. ライブラリを追加したいディレクトリまでターミナルで移動する
  3. Podfileという設定用のファイルを作って使いたいライブラリを記述する
  4. ライブラリをインストールする
  5. xcodeで使えるようにする

1. CocoaPodsというiOS向けのライブラリー管理のgemをインストールする

1. CocoaPodsをインストールする

Terminal
gem install cocoapods

2. CocoaPodsを使えるようにする

Terminal
pod setup

2. ライブラリを追加したいディレクトリまでターミナルで移動する

cd .../yourProjectDirectory

3. Podfileという設定用のファイルを作って使いたいライブラリを記述する

1. Podfileを作る

Terminal
pod init

2. Podfileの中身を見る

atomの部分はお好みのエディタで
atom Podfile
Podfile
# Uncomment the next line to define a global platform for your project
# platform :ios, '9.0'

target 'yourProduct' do
  # Comment the next line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!

  # Pods for yourProduct

  target 'yourProductTest' do
    inherit! :search_paths
    # Pods for testing
  end

  target 'yourProductUITests' do
    inherit! :search_paths
    # Pods for testing
  end

end

3. Podfileに使いたいライブラリである'RealmSwift'を書き加える

Podfile
# Uncomment the next line to define a global platform for your project
platform :ios, '10.0' #使いたいiOSのver.に変えてここのコメントを外す!!!!!!

target 'yourProduct' do
  # Comment the next line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!

  # Pods for yourProduct
  pod 'RealmSwift' #ここに書く!!!!!!!!!!!!!

  target 'yourProductTest' do
    inherit! :search_paths
    # Pods for testing
  end

  target 'yourProductUITests' do
    inherit! :search_paths
    # Pods for testing
  end

end

4. Podfileを保存する

4. ライブラリをインストールする

1. まずはインストール

Terminal
pod install

2. 一応アップデート

Terminal
pod update 

5. xcodeで使えるようにする

1. ビルドスキームを追加するスクリーンショット 2018-03-15 19.26.03.png
上の画像のところを押してManage Schemesを押す
Manage Schemesを押すとRealm とRealmSwiftがあるので、それをチェックする。

2. スキームをRealmSwiftにして一度ビルドする。
3. import RealmSwiftとどこかのスクリプトに書いてエラーが出なかったら完了!お疲れさま!

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.