Posted at

Chromebookだけで仕事できるか確かめてみた

More than 3 years have passed since last update.


いきさつ

大学教員です。パソコンの先生をしています。

Chromebookだけで仕事ができるか1ヶ月挑戦をしてみました。概ね、うまくいったので、やったこと・だめだったところなどまとめておきたいと思います。

当然のことながらこの原稿もChromebookで書いています。

(同僚に向けての内部的な報告ですが、何か参考になることもあればと思い、一般公開の形にしておきます)


環境など


マシン


  • ASUS C300M(2015年10月20日購入)

  • 自宅でのみ使用(光回線、WiFiはIEEE802.11a)

  • プリンタ:キヤノンMG7530


チートなところ


  • 大学では教員用PCを使用(Win7または8)

  • ただし、意識してなるべくウェブサービスを利用

  • 仕事時間における職場と自宅の配分は半々ぐらい(研究室とかないので、自宅が研究室代わり)

  • 今回は、外出時の持ち出しは行っていない

  • サービスインの時から、メールはGmailに完全移行している

  • 個人データはすべてDropboxに保存している

  • 大学によりOSが違うので、もともとソフトウェアのスクリーンショットは当該大学で作成せざるを得ない状況だった


利点と欠点


実験期間中の主な授業(仕事)内容


  • 映像編集と画像編集

  • JavaScript入門

  • パワーポイント

  • 上記に関する授業資料作り(印刷資料とスライド資料)


Chromebookで利用している主なサービス


  1. Googleドライブ(有料相当。一年間は無料で増量されている)

  2. Onedrive(有料相当。Office365のアカデミックアカウントなので実際は無料)

  3. Dropbox(有料)

  4. Evernote(有料)

  5. Amazonプライム(有料)

  6. Hulu(有料)

  7. Googleミュージック(有料)

  8. Youtubeの映像編集機能

  9. WeVideo(有料)

  10. Monaca

  11. Cloud9

  12. Soundtrap

  13. Facebook

  14. fc2(有料、って、おい^^;)

  15. Pixlr Editor

  16. Janvas

  17. Line(ChromeApp)


利用方法


  • 授業資料(スライド)の作成:1.または2.

  • 印刷資料の作成:1.または2.

  • 映像編集:8.または9.

  • 音楽制作(Garagebandの代替):12.

  • 画像編集:15.(授業では未展開)

  • JavaScriptの授業:10.

  • 印刷:Googleクラウドプリントを利用


タブレットではなくChromebookである理由


  • タブレット同様、電源の持ちはすばらしい

  • 無制限のマルチウィンドウが可能

  • Flashに対応(映像系・画像系ではまだまだFlashが基盤のサービスは多い)

  • 日本語入力もGoogle日本語入力なので、変換でイライラすることはない

  • (年がバレるかもしれないが)マウスを使えるのはやっぱり嬉しい

  • 安いは正義


Chromebookではできなかったこと

以下のことはChromebookではできなかったので、日常的に利用していたMacbookAir(2011)を起動しました。「そりゃそうだろ!」という項目も含まれますが、記録としてすべて記載しておきます。


  • OSXで暗号化されたディスクイメージに保存されたデータの検索

  • SoundtrapでUSB接続のMIDIキーボードが使用不能(ピアノロールでの編集や予め取り込んだMP3ファイルのエフェクト操作とかはOK)

  • カラースキームを保ったまま、コードを書き出す方法がなかった。JavaScript関連で印刷資料を作る目的。しかたないので、macvimを経由してワードに取り込む(この時は取り込みもMBAで行った)

  • ChromeAppでもvimっぽいエディタ系やSSHクライアントはあるのだけれど、日本語が通らない

  • ワードオンラインで、表の枠線と塗りつぶしを個別に設定できない。任意の色が選択できない。パワポオンラインも同様

  • ワードオンラインで図形挿入ができない

  • wevideoの問題点として「10フレーム以下のクリップが作れない」「クロマキー処理は有料」「Chromebookでは日本語メニューが文字化けする(メニューを英語にするしかない。テロップへの日本語入力そのものは問題なし)


今後の展開・その他


未展開・今後の検討事項


  • イラレの代替として16.

  • WordPressの設置場所として11.

  • PDFの編集をするにはどれがいいか?(OSXのプレビューの代替としてどのサービスがいいか?例えば注釈をつけたり、ページを増やしたり)


大学で授業展開するときの問題点(一部予測含む)


  • ネット接続が不可欠

  • 接続速度もある程度ほしい

  • 有料プランに加入しないと使い物にならないものもある
    ->(ソフトに支出するのではなく、サービスに支出させる文化が受け入れられるか?)

  • 英語メニューしかないサービスも少なくない

  • 電源の持ちがよいので、普通教室でも展開が可能(?)


コツ


  • ちょこちょこしたメモ書きなどは、サービスを固定せず、たまたま開いているサービスに書き込み、後日Evernoteにまとめる

  • メモ書きのためだけに、何かをわざわざ開くのは面倒なので


ひとこと

Monacaに出会ってなければ、そもそもこの実験も思いつかなかったと思います。ただいま、それくらいMonacaラブです。

特定のソフト(具体的にはPremiereElmtとかPowerPoint)の使い方そのものを教えなければならない部分もあり、そこは代替不能でした。

PPTを教えているから、ということもありますが、「(印刷するのでなければ)画像の編集はPPTでいいんじゃない?」「アニメーションソフトがなければパワーポイントを使えばいいじゃない」「イラレは高いから、レイアウトはPPTで充分じゃね?」的に、パワポ狂信者になりつつあります。以前よりもいろんなことに妥協的になってます。

あと、iPhoneなければ、絶対に無理だったと思います。改めて自分の生活パターンを見てみると、以前であればパソコンを起動していた場面でも、相当程度iPhoneで済ませていることが多いことに気付かされました。