Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry PiのOSをSDカードに焼く

More than 3 years have passed since last update.

環境

RaspberryPi 1 Model B
Mac OSX El Capitan 10.11.5 (US環境)
TDK SDHCカード 8GB Class10
書き込むOS: 2016-05-10-raspbian-jessie.img

SDカードをフォーマット

SDカードをMacに挿す
Disk Utilityを開いて左のInternalの中からフォーマットしたいSDカードを選択
※間違えて他のものを選ばないように!

ちなみにSDカードが階層になってると思うけど、上の▽がついてる方をを選びましょう
Screenshot 2016-07-16 21.13.33.png

Eraseタブを押して、FormatをMS-DOS(FAT)にしてEraseを押すとフォーマットが始まる

OSをダウンロード

今回はRaspbianを使用したいと思うので↓から「RASPBIAN JESSIE Full desktop image based on Debian Jessie」をダウンロード
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

他に好きなOSがあったら別のところからダウンロードすればいいです
(Raspberry Pi 1は対応していないOSがあるので注意)

SDカードををアンマウント

Terminalを開く
$diskutil list
で現在Macで認識しているデバイスが表示される

Screenshot 2016-07-16 21.22.56.png

8GBのSDカードを使ってるので、SIZEが8.0GBの/dev/disk2がSDカードのパスだとわかる

OSを焼くにはSDのマウントを解除しないといけないので、以下のコマンドで/dev/disk2をアンマウント
$diskutil unmountDisk /dev/disk2

SDにOSを書き込む

$sudo dd if=OSイメージファイルのパス of=SDカードのパス bs=1m
で書き込める

今回の場合、
$sudo dd if=/Users/mrsisyamo/Downloads/2016-05-10-raspbian-jessie.img of=/dev/rdisk2 bs=1m
となる。
/dev/disk2ではなく /dev/rdisk2rを付けているのは、高速で書き込みを行えるようにするため
bsは1回毎に書き込む際のブロックサイズ数を指定しており、bs=1mにしておくのが丁度いいらしい

10分前後待つと書き込みが完了する

SDカードの相性について

SDにうまく書き込めたとしてもOSが正常に起動しない場合がある。
http://elinux.org/RPi_SD_cards
ここのサイトにラズパイとSDカードの相性が載っているので確認すると良い。
ただ、okと書いてあっても使えなかったり、nokと書いてあっても使える場合があるので、SDカードを購入する際の参考程度に事前に見ておこう。

参考書籍

naoyukisugi
Android Engineer
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした