【kintone】カスタマイズビューのHTML文字数上限を超える

HTMLは10,000文字以下という制約に引っかかってしまったときの解決法。

HTMLをjsの変数として定義して埋め込みましょう。

HTMLは空タグのみ用意

埋め込み先として空のdivタグのみ記述します。

一覧のカスタマイズHTML
<div id="customize_view"></div>

実際に表示したいHTMLをjsファイルに定義

テンプレートリテラル(バッククォートで囲む)を使えば改行のまま定義できて便利。

customize_view_template.js
const customize_view_template = `
{ここに10,000文字を超えるHTMLを書く}
`;

jsで表示する

最後に定義したHTMLをjsで出力します。

customize_view_logic.js
(function() {
    "use strict";

    const customize_view_id = 'customize_view';

    kintone.events.on(['app.record.index.show'], function (event) {
        // 対象のビューでない場合は処理しない
        if (document.getElementById(customize_view_id) == null) {
            return event;
        }

        // 出力
        document.getElementById(customize_view_id).insertAdjacentHTML('afterbegin', customize_view_template);

    });
})();
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.