CentOS6.3にvim7.3入れたのでメモ

More than 1 year has passed since last update.

ほぼココを参考にしました。

Vim7.3をソースからインストール


事の発端

開発に使っている仮想サーバのCentOS6.3ちゃんにも、素敵vim環境を整えてあげたいと思ったところ、NeoBundleが動かない。

目の前が真っ暗になった。


vim-minimalだとだめなんだそうです。

CentOSは最小構成でインストールしてるとvim-minimalって機能削ってる版がインストールされているんだそうだ。

確かめるまで信じたくない。

$ yum list installed | grep vim

vim-minimal.x86_64 2:7.2.411-1.8.el6

目の前が真っ暗になった。


vim-enhancedってのがつおいらしい

$ yum install vim-enhanced

Installing:
vim-enhanced x86_64 2:7.2.411-1.8.el6 base 892 k

7.2。最新版じゃない、、だと!?

Is this ok [y/N]: N

NOだよ!!

目の前が真っ暗になった。


しかたないからソースから入れる事に。

まずは、アンインストールしておきましょうか

$ yum remove vim-minimal.x86_64

アンインストールするとsudoも消えて、sudoを入れるとvim-minimalも入るらしいのでほっておきましょう。

あとは以下通りに進めて行きます。

Vim7.3をソースからインストール

そのまま実行して行きます

$ yum install mercurial

$ yum install ncurses-devel
$ yum install make
$ yum install gcc

多分、mercurialはvimのソースコード引っ張ってくる用で、それ以外はきっとvimをビルドする用。

$ cd /usr/local/src/

$ hg clone https://bitbucket.org/vim-mirror/vim

さっそくvimのソースを落としてきます。

結構時間かかるので、バクマン読むと良いと思います。

最近読んでめっちゃハマりました。

$ cd vim73/

$ ./configure --with-features=huge --enable-multibyte --disable-selinux --enable-rubyinterp
$ make
$ make install

ここは記事と違う部分で、ruby勉強ついでにvim入れてる節があるので

--enable-rubyinterpとして、ruby用のオプションをつけています。

ここも結構時間かかるので、バクマン読むと良いと思います。

$ vim --version

VIM - Vi IMproved 7.3 (2010 Aug 15, compiled Dec 6 2012 13:02:58)
-ruby

やったーvim7.3が入ったぞ!

-ruby

目の前が真っ暗なった。

とりあえず、深追いはやめて、あとでやる事にしましょう。

最後に$ vivimを起動できるようにシンボリックリンクを作っておきます。

$ ln -s /usr/local/bin/vim /usr/bin/vi

これでCentOSちゃんでも無事にNeoBundleなvim生活が送れそうです。