search
LoginSignup
12

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Trelloによる、お買い物マネジメント

この記事は ハンズラボ Advent Calendar 2017 3日目の記事です。

@naokiurこと、しむらと申します。
2017/09/16にハンズラボに入社し、
Django, Vuejsを使用してシステム開発するプロジェクトに配属されました。

みなさんもそうだと思いますが、この業界で仕事をしていると、
便利なものをたくさん知ることができると思います。
入社し、プロジェクトに配属されたことで、
個人的に新しめな技術・ツールをぞくぞくと使うことができております。

その中の一つに、カンバン系タスク管理ツール、Trelloがあります。
(前職では…RedmineやTracでした。)

Trello、便利ですよね。
個人的に、仕事で得たものをプライベートへ、
プライベートで得たものを仕事へ生かしたいと思っており、
最近Trelloを用いて、プライベートの運用を改善したため、
Trello活用の一例を記載させて頂きます。

お買い物マネジメント

自宅にある食品・生活用品の管理を、Trelloにお任せしました。

私事ですが、
最近結婚致しまして、妻と二人で暮らしております。
一人暮らしのときには気にならなかったのですが、二人という複数人で生活した結果、
問題点が発覚し、以下のような解決策を導入しました。

導入前の問題点

  • 欲しい、必要だ、と感じたとしても、その情報を蓄積・共有できていない
    • 「ああ…そういえば、調味料切らしてたんだった…。」
    • 「新しいスリッパ欲しくて、この前ハンズとAmazonで調べたけど…どの商品だったっけ…?」
  • 家に貯蓄している物のラインナップを覚えていない場合、出先で何があるか分からない
    • 「夕飯の買い物したいけど…家に何があったっけ…?」
    • 「あ、買ったけど、もう買ってきてくれてたんだ…」

解決

  • Trelloにプライベート用のボードを作成し、「十分」「不足」というリストを作成した。
    • これにより、自宅にあるもの/たりないものを見える化した。
      • 鍋を食べたい場合、リストに「白菜」と「鍋つゆ」があるのであれば、「肉」「その他入れたいもの」を帰りがけに買う、という行動を取ることができる。
  • 比較的恒久的なものの場合(いくつかリストアップして判断する、家具・家電・インテリアなど)、候補をカードに記録することができる。
  • IFTTTを用いて、普段の連絡用ツールであるLINEと連携させることにより、「不足」になったものがほぼ1リアルタイムで分かる。

Twitterで拝見した、ホワイトボードとマグネットで管理、というアイデアを頂き(ありがとうございます)、
またどこでも確認したいと思ったためTrelloを、
また通知も欲しいと感じたため、IFTTTとの連携を導入致しました。

trello.png

Trelloの良いと感じたところ

  • 周知の事実ですが、本当にシンプルなところ
  • スマホアプリがあるところ
    • タスク管理なので、前職ではRedmineやTracなども使用経験があるのですが…スマホ(ブラウザ)からは見にくいのではと…。

スマホアプリのフィルタ機能は本当に分かりやすくて、
「食品」というようなラベルを付与しておくと、以下のように見ることができました。

Image.png Image-1.png

IFTTTでLINEと連携

IFTTTにあるTrelloのトリガーは、以下の中から選べるようなので、
その中から、「リストにカードを追加したとき」を選択しました。

  • ボードにカードを追加したとき
  • リストにカードを追加したとき
  • 自分がカードにアサインされたとき

スクリーンショット 2017-11-30 20.51.20.png

トリガー以外の設定は、以下のようにしました。
ifttt-skill.png

LINE側では、煩雑にならないよう、専用のグループを作成しました。

Image-2.png

※ IFTTTからLINEへ通知するためには、通知させたい部屋に「LINE Notify」を招待する必要があるようです。

今後

echo dotの招待を申請したので、
もし手に入ったら、echo dotからTrelloに足りない物をカードとして追加できるようにしたいと思っています。
その際は…AWSチームにご教示頂きたい…!:bow:

ハンズラボ Advent Calendar 2017 4日目の明日は、@watarukuraさんです!✨

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
12