Azure
日本語化
備忘
windowsserver2008

英語版Windows Server 2008 R2 SP1を日本語化

More than 1 year has passed since last update.

自分用の備忘録です

AzureでWindows Serverを作成すると英語OSで作成されたので日本語化するためのメモ

Internet Explorerセキュリティ強化の構成変更

Internet Explorerセキュリティ強化の構成(Internet Explorer Enhanced Security Configuration:IE ESC)」という機能がデフォルトで有効になっているため、Webブラウザによるインターネットアクセスなどに制限が加えられる。その機能を一時的に停止する。

[Control Panel] → [System and Security] → [Administrative Tools]から[Server Manage]を起動し、[Configure IE ESC] をクリックする。
image

管理者向けの制限を緩和させたいので、[Administrators]の側の設定を[On]から[Off]に変更し、[OK] ボタンを押します。
image

言語パックのダウンロード

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 複数言語ユーザー インターフェイス言語パックをダウンロードします。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=2634
ダウンロードしたファイルは Windows6.1-KB2483139-x64-ja-JP

ついでに、Internet Explorer 11 言語パックもダウンロードします。
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=40904
[Download] をクリックすると、[Choose the download you want]画面が表示されます。
使用しているPCのバージョン( 64bit または 32bit )に対応したものにチェックをいれダウンロードします。
* 64bit の場合 IE11-Windows6.1-LanguagePack-x64-ja-jp.msu
* 32bit の場合 IE11-Windows6.1-LanguagePack-x86-ja-jp.msu

※ Internet Explorerセキュリティ強化の構成を無効にするの忘れずに!

言語パックのインストール

ダウンロードした Windows6.1-KB974587-x64-ja-jp.exe を実行します。
実行中は下記の画面が表示されます。しばらくかかりますのでゆっくり待ちましょう。
image

表示言語の変更

まずは [Control Panel] を開き、[Change display language] を選択し、[Region and Language] 画面を開きます。

image

[Choose a display language] を日本語に変更して [OK] ボタンを押します。

image

[Change keyboards] ボタンを押して、 [Text Services and Input Languages] 画面を開きます。
[Default input language] を [Japanese (Japan) - Microsoft IME] に変更して [OK] ボタンを押します。

image

[Formats] タブに移動します。[Format] を [Japanese (Japan)] に変更します。

image

[Location] タブに移動します。[Current location] を [Japan] に変更します。

image

[Administrative] タブに移動します。[Change system locate] ボタンを押して [Region and Language Settings] を開きます。

image

[Copy settings] ボタンを押して [Change Regional Options] のダイアログを開きます。

image

[Apply] ボタンを押して、[Welcome screen and new user accounts settings] 画面を開きます。
image

[Welcome screen and system accounts] と [New user accounts] をチェックして、 [OK] ボタンを押します。

image

[Change Display Language] 画面が表示されたら「Cancel」をクリックして、まだ再起動をしないようにします。

image

[Current system locate] を [Japanese (Japan)] に変更し、[OK] ボタンを押します。

image

[Region and Language] 画面に戻り、[OK] ボタンを押します。

OSを再起動して、再ログインすれば日本語化されているはずです。

日付と時刻の設定

[コントローラパネル] を開き、[日付と時刻の設定] を選択し、[日付と時刻] 画面を開きます。

image

[タイム ゾーンの変更] ボタンを押します。

image

[タイム ゾーン] を [(UTC+09:00) 大阪、札幌、東京] に変更し、[OK] ボタンを押します。

image

[日付と時刻] 画面に戻り、[OK] ボタンを押します。

Internet Explorer 11 の日本語パックのインストール

ダウンロードした IE11-Windows6.1-LanguagePack-(OSのbit)-ja-jp.msu を実行します。
image

「更新プログラムがインストールされています。」というメッセージが表示されます。しばらく待ちましょう。
image

「インストールの完了」というメッセージが表示されたら、[閉じる]をクリックします。
image

OSを再起動すれば日本語化されているはず.