LoginSignup
10

More than 3 years have passed since last update.

RaspberryPiにおけるIEEE802.1X認証の設定法

Last updated at Posted at 2018-05-10

目的

職場や学校のネットワークにIEEE802.1X認証システムが導入されている環境下、GUIで認証設定ができないRaspberry Pi(OS: Raspbian)でネットワークに接続したい

環境

認証方法
EAP-MSCHAP v2

機器
Raspberry Pi3 modelB (Raspbian)

手順1

802.1Xを使用する際に必要なクライアントのサプリカント機能をサポートするツールの設定ファイルを書き換える

sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

wpa_supplicant.conf
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=0

network={
        key_mgmt=IEEE8021X
        eap=PEAP
        identity="******"
        password="******" 
        phase1="peaplabel=1"
        phase2="auth=MSCHAPV2"
}

identityにIDを、passwordにパスワードを入力する

手順2

ネットワークの設定ファイルの一部を書き換える

sudo nano /etc/network/interfaces

~~~~~

auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

~~~~~

手順3

ターミナルで下記を実行

sudo wpa_supplicant -i eth0 -c /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf -D wired &

処理が終了しない場合、Ctrl+Cで強制終了させる必要があります

手順4

ターミナルで下記を実行

dhclient -nw eth0

以上で終了です

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
10