PHP
Mac
初心者向け
phpbrew

macでphpbrewを使ってPHP入門

目的

  • phpbrewを使ってPHPの動作環境の構築
  • phpのコードを実際書いてみて、基礎を知る
  • 導入までに利用するコマンドや周辺システムも理解しておく

phpbrew

  • phpのバージョン管理システム
  • これを入れておけば、数コマンドでphpのバージョンを切り替え可能!

前準備

  • homebrewで必要なライブラリを入れておきます。
  • homebrewはMacOSXのパッケージ管理システム。
  • ライブラリを手動で入れようとすると、それぞれ発行元から取得してきてそのライブラリをインストールするために別のライブラリをまた取得してきて・・・と、とても大変だが、そのへんの依存関係も全部やってくれる。現在インストール中のライブラリ一覧を管理できるので、追加削除も簡単。
brew install libmcrypt bzip2 readline zlib libxml2
brew link bzip2 --force
brew link zlib --force

インストール

  • curl:HTTPアクセスするコマンド。-Oで取得した情報をファイルに保存
  • chmod:ファイルの権限を変更。今回はファイルに実行権限を与えます。実行権限を与えないとファイルを直接指定して起動できません。
  • /usr/local/bin/:linuxの標準ルール。自分でアプリを入れた時に保存する場所。ここに格納するとパスなしでコマンドが実行できるようになる。
curl -L -O https://github.com/phpbrew/phpbrew/raw/master/phpbrew
chmod +x phpbrew
mv phpbrew /usr/local/bin/phpbrew
phpbrew init
  • シェルの環境設定ファイルに記述、シェル実行時にphpbrewの設定を読み込まれるように。
vi ~/.bashrc
~/.bashrc
source $HOME/.phpbrew/bashrc
  • 記述した設定の読み込み。次回以降はシェル起動時に読み込まれるので不要。
source ~/.bashrc

利用

phpbrew install 7.0 +default
phpbrew list
phpbrew use {バージョン}
php -v

PHPを動かしてみる

phpコマンドを使う、-rをつけると引数にPHPのコードを直接書ける。ファイルを指定する場合はオプションなしでファイルを指定する。

  • 引数実行
$ php -r 'echo "hello world!!";'

hello world!!
  • ファイル実行
sample1.php
<?php
echo 'hello world!!';
$ php sample1.php

hello world!!

var_dump

渡された引数の情報を出力する。Stringだけでなく、なんでも渡せる。

  • String型
sample2.php
<?php
var_dump('hello world!!');
$ php sample2.php

string(13) "hello world!!"
  • 配列
sample3.php
<?php
var_dump(['test1', 'test2']);
$ php sample3.php
array(2) {
  [0]=>
  string(5) "test1"
  [1]=>
  string(5) "test2"
}

連想配列

格納する型に縛りがないMAP、PHPではとてもお世話になる。

  • 配列と同じく[]で宣言。gameには配列を格納している。
sample4.php
<?php
$array = [
    'name' => 'Taro',
    'game' => ['ps4', 'switch']
];

var_dump($array);
  • 実行。nameにはStringが格納されているが、gameには配列が格納されているのがわかる。
$ php sample4.php
array(2) {
  ["name"]=>
  string(4) "Taro"
  ["game"]=>
  array(2) {
    [0]=>
    string(3) "ps4"
    [1]=>
    string(6) "switch"
  }
}

foreach

いわゆる拡張for文。配列も連想配列もどちらでも利用可能。

  • 配列、\nは改行。
sample5.php
<?php
$array = ['ps4', 'switch'];

foreach($array as $value) {
    echo '持っているゲームは' . $value . "\n";
}
持っているゲームはps4
持っているゲームはswitch
  • 連想配列、$key =>でkeyを利用可能。
<?php
$array = [
    'name' => 'Taro',
    'age' => 18
];

foreach($array as $key => $value) {

 # 実装

}
  • # 実装部分を記入して、以下の出力結果を出してみましょう!
nameはTaroです。
ageは18です。

おすすめエディター

PhpStorm

有料だがPHP最強。フロント系も一通り網羅してる。

Atom

無料。プラグインを入れればだいたいの機能は使えます!

SublimeText3

無料。プラグインもいっぱいあるし、軽い!