Edited at

MacでPython環境を用意し、Jupyter Notebookを設定するメモ(2018年4月)


macOS High SierraでJupyter Notebookを使えるようにしてみたので、メモ。Python環境をどうするかということでもある。

今後、ラズパイやRaspberry Pi Desktop for PC/Macにも導入予定。Windowsは、もしやるのならAnacondaで。(やる気ない)

最終的には、ラズパイでサーバーを建てて、ドキュメントを共有する。


設定するとどうなるか

結果として、こんな環境になります。


  • Homebrewでパッケージ管理。

  • 基本的にpython3/pipの最新版を使用。

  • venvで環境設定/切り換え。pyenv使わない。

  • (Xcodeコマンドラインツール使用)

  • 自分のMacでJupyter Notebookサーバーが起動。

すでに先人たちが色々な設定方法を公開してくれていますが、なるべくシンプルに、というポリシーで整理してみました。色々やってみた結果、よくわからなくなって混乱したため。

基本方針


  1. macOSのデフォルトで入っているPython2.7.10は、そっとしておく。システム自身、サードパーティ アプリがそこにあるものとして使っているため。

  2. マイナーバージョン違いの使い分けは考えず、HomebrewでインストールしたPython3の最新版のみを使う。

  3. pyenvを使わない。Python3に標準で入っているvenvで設定した環境を使う。もしPython2を使いたい場合は、標準環境で最低限、おとなしく。

  4. pipで各種インストールするのは、各設定環境内に。


Xcodeをインストール

App Storeからインストールするべし。


Xcodeコマンドラインをインストール

Command Line Tools for Xcodeをインストール。以下のコマンドで。

xcode-select --install


Homebrewをインストール

ホームページ(https://brew.sh/index_ja) にある、以下のワンラインを実行。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"


Homebrewの基本コマンド確認

brew update

brew upgrade
brew doctor
brew install xxxx


Homebrewでpython3 (とpip) をインストール

brew install python3

python3 -V # 最新はPython 3.6.5
pip3 -V # 最新はpip 9.0.3 (python 3.6)
python -V # Python 2.7.10


pip自体のアップデート

pip3 install --upgrade setuptools

pip3 install --upgrade pip


環境を設定

nao2gMBA:~ tsuji$ python3 -m venv env   # envディレクトリができる。

nao2gMBA:~ tsuji$ . env/bin/activate # env環境での作業に入る。
(env) nao2gMBA:~ tsuji$ # 先頭に(env)が付く。

コマンドのエイリアスをチェック

python -V    # Python 3.6.5 を返す

pip -V # pip 9.0.3 (python 3.6) を返す


env環境下での作業


ライブラリのインストール

# (env) nao2gMBA:~ tsuji$ pip -V というように、行先頭に(env)がついている事に注意。

pip install --upgrade pip
pip install --upgrade setuptools
pip install numpy
pip install scipy
pip install scikit-learn
pip install matplotlib
pip install Pillow


jupyterのインストール

pip install jupyter


Jupyter Notebookの起動

mkdir jupyter-notebook

jupyter notebook --notebook-dir=~/Documents/jupyter-notebook

ブラウザページが自動的に開きます。オプションなしだと、カレントディレクトリが使用されるので、ドキュメント用のディレクトリを作成しています。


env環境から抜ける場合は、deactivateコマンドで。

(env) nao2gMBA:~ tsuji$ deactivate

nao2gMBA:~ tsuji$


2018-11-2 追記 環境のメンテ

しばらく使っていなかった環境の(env)状態にて、

jupyter_coreって何? なんなら、pipって何? まで荒廃していたのでメンテ。 

おそらく、Python3が3.7.0までアップデートしていたからか?


pipの入れ直し

以前ダウンロードしてあったスクリプトを実行、pip復活。

https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py)

python get-pip.py


jupyterの入れ直し

pip install jupyter

無事、復活。