12
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

CentOS 7 + ffmpeg インストール

はじめに

CentOS 7 に ffmpeg を入れたい.ただそれだけです.何番煎じなのかもわかりません.

概要

FFMpeg公式を見ると,RPMFusionに誘導されます.
そこで,この記事では,RPMFusionから,FFMpeg 3.4.7 (2020.3.3現在)のインストールを行います.

問題意識

ググってよく出てくる方法は,li.nux.co を使う方法が多いのだが,本当にこれでよいのか?
個人的には,これだと,2.8.xしか入らないのでちょっと不満.

手順

  • yumは入っているという前提です.
  • すべてrootで作業しています.必要ならsudo経由で実行しましょう.
  • yumで毎回Yes/Noを聞かれるのが困るなら,yum install -yなどで置き換えてください.(-yの位置に注意)

0. たぶん事前に必要なもの

yum install yum-utils
yum install epel-release
yum install https://download1.rpmfusion.org/free/el/rpmfusion-free-release-7.noarch.rpm
yum update

(1) 後でyumのリポジトリ操作(無効化)をするためにyum-utilsを入れておきます.手作業の方が好きな人には不要です.
(2,3) EPELのリポジトリと,RPM Fusion(free)のリポジトリを追加します.
(4) そして,リポジトリの情報を更新しておきます.

上記のURLは,RPMFusionのRHEL7/free版です.詳しくは,RPMFusionの公式ページで確認して下さい.
参考:https://rpmfusion.org/Configuration

注:rpmコマンドでインストールする例もよく見かけますが,非推奨です.*.rpmだろうと,yumコマンドで一元管理をしたほうが良いです.

1. インストール

yum install ffmpeg ffmpeg-devel
# 下記のリポジトリ無効化をしているなら
# yum --enablerepo=epel,rpmfusion-free-updates install ffmpeg

(1) インストールです.なお,開発に使うとか,何らかのffmpegに依存した別ソフトをコンパイルするのであれば,実行例の通りffmpeg-develも,入れておきましょう.

2. 後始末

頻繁にアップデートする必要が無いなら,リポジトリは無効化しておいた方が無難です.必要な時だけ,--enablerepo=で有効化しましょう.

yum-config-manager --disable epel rpmfusion-free-updates
yum update

(1) コマンドを使って,リポジトリを無効化します.これをしないと,普段のアップデートに支障が出てしまうかもしれませんので・・・
(2) 念のため,updateをしてみて,epelやrpmfusion-free-updatesが反応しないことを確認しておきます.

おわりに

特になし.

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
12
Help us understand the problem. What are the problem?