4
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

ノートPCをディスプレイ代わりにしてマルチディスプレイを試す on Windows10

子機(ディスプレイの代わりのノートPC)側

スタート+「S」、「接続」とタイプして以下の画面を出す

無題.png

親機側

ディスプレの設定で「ワイヤレスディスプレイに接続する」を押し、接続先を選択する。

無題.png

接続

子機側で縮小して表示される。

無題2.png

子機側で最大化。

IMG_20200222_102219.jpg

できました。

わかったこと

  • Miracastと呼ばれる技術らしい
  • 接続には無線LANを使用する。
  • 今回はLAN接続を有線で行っていた。無線LANは接続設定を行っていなかったが有効にしているだけで無線LAN同士で繋がっていたみたい。
  • 画面構成が数ドットズレたりとかしてちょっと変?
  • 下記資料では有線LANでも使えそうに書いているが、実際は無線LANを有効にしないと繋がらなった。

Windows 10 Insider Preview ビルド14316に突如登場したUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーション「接続」を起動していると、無線LANがなくてもMiracast受信デバイスになる。

「“ワイヤレスディスプレイ”がWindows 10で実現、タブレットもディスプレイに?」
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/win10useful/755283.html

おまけ Ubuntu Linux から接続できるかな?

Ubuntu には MiracleCastというものがあります。

試してみましたがちょっとうまくいかないぽくて断念。

インストール


$ sudo add-apt-repository ppa:thopiekar/miraclecast
$ sudo apt update
$ sudo apt install miraclecast

systemdのバージョンを確認。


$ systemctl --version
systemd 237
+PAM +AUDIT +SELINUX +IMA +APPARMOR +SMACK +SYSVINIT +UTMP +LIBCRYPTSETUP +GCRYPT +GNUTLS +ACL +XZ +LZ4 +SECCOMP +BLKID +ELFUTILS +KMOD -IDN2 +IDN -PCRE2 default-hierarchy=hybrid

237なので kdbus enabled


$ systemctl stop NetworkManager.service
$ systemctl stop wpa_supplicant.service 
$ sudo miracle-wifid &
[1] 8997
$ sudo miracle-sinkctl
[ADD] Link: 4
[miraclectl] # run 4
ERROR: cannot change p2p-scanning state on link 4 to 1: Invalid argument (ctl_link_set_p2p_scanning() in ctl-wifi.c:740)
now running on link 4
[miraclectl] # exit
[miraclectl] # 
no longer running on link 4

[1]+  停止                  sudo miracle-wifid
$ sudo miracle-wifictl
[ADD] Link: 4
[miraclectl] # p2p-scan
ERROR: no link selected (cmd_p2p_scan() in wifictl.c:288)
[miraclectl] # 

うーむ

VNCを使って実現しました。
「VNC をセカンドディスプレイとして使う on Ubuntu 18.04」
https://qiita.com/nanbuwks/items/d12a98c8d41630c31a55

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
4
Help us understand the problem. What are the problem?