Edited at

ハンディファンワークショップテキスト

ハンディファンを改造するワークショップを企画しました。

そのテキストです。

IMG_20190824_220431.jpg

試作品です。これだとごちゃごちゃなので・・・

IMG_20190824_201011.jpg

ハンディファンに接続するためのPCBを作りました。


機材の説明

IMG_20190824_200625.jpg

ハンダゴテです

IMG_20190824_200556.jpg

ハンダゴテ台です

IMG_20190824_200639.jpg

ハンダゴテ台です。足りない人はこの組み合わせで使います。

IMG_20190824_200858.jpg

鉛フリーはんだを使います。温度を350℃に設定しておきます。

IMG_20190824_201018.jpg

部品です。赤いのがモータドライバ、青いのがArduinoです。これの3つについては組み立て済みのものを使います。

IMG_20190824_202038.jpg

ワークショップでは刃物のようなはんだこて先を使います

写真のようによく熱を伝えるようにして使います。

組み立て

IMG_20190824_213557.jpg

抵抗をつけます

IMG_20190824_213603.jpg

裏側

IMG_20190824_215952.jpg

表側

IMG_20190824_220515.jpg

NeoPixelをはんだづけします

IMG_20190824_220616.jpg

テープで止めます

IMG_20190824_220758.jpg

基板に接続します

image.png

1つ光らせる

Screenshot from 2019-08-25 15-31-26.png

点滅

Screenshot from 2019-08-25 15-33-02.png

流れる光

モータの線をつなぎます

IMG_20190824_223234.jpg

Screenshot from 2019-08-25 16-09-20.png

配線をします

IMG_20190824_224320.jpg

電源をファンから取るようにします

IMG_20190824_224453.jpg

Arduinoからファンのスイッチを押せるようにします(残念ながら、ワークショップではこのコントロールは行いませんでした)

image.png

モーターのテストです

image.png

これで、そよ風になります

Screenshot from 2019-08-25 17-06-38-2.png

これで、ファンに息を吹きかけるとLEDが光り、モーターが回り始めます。

吹きかけた息の強さでLEDのゲージが上がります。またモーターの回り方も強くなります。

モーターは8秒回ります。モーターが止まって7秒後にLEDも消灯して、息を吹きかけるのを待つようになります。

スイッチは1回押すとONしてスタンバイになります。更に3回押すとだんだんファンの回り方が強くなって、最後にOFFになります。