18
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

gccをwindowsで使うならstd::random_deviceを使ってはいけない

gccのstd::random_deviceはwindowsではmt19937、linuxまたはosxでは/dev/urandomを使っています。
mt19937を使う場合、シードはtokenパラメータで決めます。
std::random_device("mt19937")ならシードは5489に固定され、
std::random_device("12345")ならシードは12345になります。
でもtokenを数値にすると一部のシステムで例外がスローされます。

結論からするとstd::random_deviceは使わないのが吉です。
最初からmt19937を使うか、自分でラッパー関数を書くかにするべきです。

ソースコード
https://github.com/gcc-mirror/gcc/blob/master/libstdc%2B%2B-v3/src/c%2B%2B11/random.cc
https://github.com/gcc-mirror/gcc/blob/master/libstdc%2B%2B-v3/include/tr1/random.h

ちなみにlibc++はrand_sを使っています。
https://github.com/llvm-mirror/libcxx/blob/master/src/random.cpp

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
18
Help us understand the problem. What are the problem?