Help us understand the problem. What is going on with this article?

環境ごとにファイルを分ける init.el

More than 3 years have passed since last update.

Emacs のアイコンを作った人 です。
Emacs25 から、アイコンが新しくなるらしく、これも時代の流れかと、しみじみ実感しておりますが、今日は nanasess/dot.emacs で晒している init.el について書こうと思います。
emacs-lisp は、万年初心者ですので、間違いなどありましたら悪からずご了承ください。。。

最近は、 init-loader が主流のようですが、どうも使い方に馴染めず、それよりも、環境ごとの条件分岐を極力コーディングしないように工夫しています。
パッケージ管理は el-get を使用しています。

各プラットフォームの設定ファイルは .emacs.d/init.d/arch 以下に、それぞれまとめています。

こんな感じで動的に読み込むようにしています。

(dolist (sys-type (list (symbol-name system-type)
            (symbol-name window-system)))

  (add-to-list 'load-path
           (expand-file-name
        (concat user-initial-directory "arch/" sys-type)))
  (load "init" t))

こうすることで、 init.el の構文中で、環境ごとに条件分岐を極力コーディングしなくても良いようにしています。

あと、 SKK-jisyo は GoogleDrive で共有して、どの環境でも読み込めるようにしています。
(GoogleDrive を使っているのは、現場のセキュリティ事情です...)

そろそろ、メインの init.el が 1000行を越えてきたので、分割の必要性を感じてきました。
やはり init-loader も併用するのが良さそうですね...

nanasess
Emacs のアイコンを作った人です
https://skirnir.co.jp
ec-cube
日本No.1ECオープンソースのEC-CUBEのコミッターやユーザーのコミュニティです。
http://www.ec-cube.net
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away