Bash on Ubuntu on Windows で GUI 環境を構築する

  • 102
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Bash on Ubuntu on Windows で LXDE が動きます。
VNC を使用してアクセスします。
Mac や Linux から X11 Forwarding もできます。

必要なパッケージのインストール

Bash on Ubuntu on Windows を起動して、必要なパッケージをインストールします。

apt-get install xorg lxde-core tightvncserver firefox openssh-server

VNC 設定ファイルの生成

一旦、 VNC サーバーを起動して、設定ファイルを生成します。

tightvncserver :1

パスワードの設定を促されるので、ログイン用のパスワードを設定します。

You will require a password to access your desktops.

Password:
Verify:
Would you like to enter a view-only password (y/n)? y
Password:
Verify:
xauth:  file /home/USERNAME/.Xauthority does not exist

New 'X' desktop is DESKTOP-MACHINENAME:1

Creating default startup script /home/USERNAME/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /home/USERNAME/.vnc/xstartup
Log file is /home/USERNAME/.vnc/DESKTOP-MACHINENAME:1.log

設定後、一旦 VNC サーバーを kill します。

tightvncserver -kill :1

LXDE の起動設定

xstartup ファイルに LXDE の起動設定を追記します。

nano ~/.vnc/xstartup

xstartup ファイルの末尾に、以下を追記します。

lxterminal &
/usr/bin/lxsession -s LXDE &

VNC サーバーを起動

VNCサーバーを再度起動します。

tightvncserver :1

TightVNC viewer のインストール

こちらを参考に TightVNC viewer をインストールします。

VNC Server へアクセス

TightVNC viewer を起動し、 localhost:5901 へアクセスすると、 Bash on Ubuntu on Windows の LXDE へ接続できます

スクリーンショット 2016-08-06 2.04.55.png

スクリーンショット 2016-08-12 5.21.03.png

その他

X11 クライアントの使用

  • Mac の XQuartz などから X11 Forwarding する場合/etc/ssh/sshd_config の先頭付近に以下のパラメータを追加し、sshd を再起動します。
AddressFamily inet 
ListenAddress 0.0.0.0 
X11UseLocalhost yes

AddressFamilyListenAddress よりも先に書く必要があります。

sshd を開始し、 X クライアントから xeyes などが起動できれば OK

bashOnWindowsHost$ sudo service ssh start
...
xclientHost$ ssh -X user@bashOnWindowsHost
xclientHost$ xeyes &

参考