Help us understand the problem. What is going on with this article?

EC-CUBE3の注文完了メールに注文詳細URLを記載する

注文完了メールに注文履歴URLを記載します。

たまに場所を忘れるのと、EC-CUBE3は使えないけど、メール内容だけ変えたい!
って人向けのメモ
※初心者向け記事です。

環境

  • EC-CUBE 3.016
  • PHP 7.19

EC-CUBE3のメール内容はどこで管理しているの?

メールに関するファイルは全てsrc/Eccube/Resource/template/default/Mail/内にあります。

※ここを直接触るのは非推奨となっているので、app/template/default/にコピーして触るようにしましょう。

注文完了メールはどこ?

src/Eccube/Resource/template/default/Mail/order.twigです。
ここに注文完了メールの内容が記述されています。

メール内容に注文詳細URLを載せます。

好きな位置に以下のコードを記述(URLは自分の環境に合わせてください)

app/template/default/Mail
注文詳細URL:http://ここにURL/mypage/history/{{ Order.id }}

※必ず for文の外で記述するようにしてください。

2019.1.29追記

app/template/default/Mail
注文詳細URL:{{ url('mypage_history', {'id': Order.id}) }}

上記のようにした方が、依存がなくなり簡略化できないか?
とコメントをいただきました!
ありがとうございます。

order.twig
{% if Order.Customer %}
{% for OrderDetail in Order.OrderDetails %}`
//何らかの処理
{% endfor %}
{% endif %}

↑こういうやつです。かならず//何らかの処理の場所には置かないようにしてください。
{% if Order.Customer %}この部分は会員か非会員かを分岐するif文です。

そうすればメールに注文詳細URLが載って、ユーザーが注文後に注文状況を把握できるようになります。

以上。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away