Edited at

Laravelの初期設定で覚えておくと便利なコマンド


何回やっても忘れてググってるので、いい加減記事にしておく。


Restfullなコントローラー作成コマンド

php artisan make:controller SampleController --resource


API用コントローラーを作成するコマンド

(上記のresourceコントローラーから描画のcreateとeditを除いたファイルが作成される)

php artisan make:controller SampleController --api


自動で指定したモデルにバインディングしてくれる

php artisan make:controller SampleController --model=Sample


クラスを指定してSeederを実行する

php artisan db:seed --class=SamplesTableSeeder


モデルと一緒にマイグレーションファイルも同時に生成してくれる

php artisan make:model Sample -m


コントローラーもマイグレーションもファクトリーも全部生成してくれる

php artisan make:model Sample --all


マイグレーションを実行する時のSQLが確認できる(マイグレーションは実行されない)

php artisan migrate --pretend


マイグレーション実行した後にSeederも実行してくれる

php artisan migrate --seed


一度テーブルを削除して生成し直す場合はこちら

※危険

php artisan migrate:fresh --seed