search
LoginSignup
0

posted at

【AWS】ELBとALBの違い

目的

ALBとELBについて何が違うのかよくわからなかったため調べてみた。

結論

ELB(Elastic Load Balancing)という大枠の中の一種がALB(Application Load Balancer)。
ALBはELBの一種。

そもそもELBとは

役割

  • アプリケーションへのトラフィック(ネットワーク上で転送されるデータ量)を負荷分散する
  • トラフィックを送る先のサーバーが問題なく稼働しているか定期的に確認する(=ターゲットモニタリング)

負荷分散

ユーザーからのアクセスを複数のターゲット(サーバーなど)に振り分け、サーバーダウンしないようにしてくれる。
負荷状況に応じて自動にスケール(サーバーの台数を増やすなど)してくれる。

ターゲットモニタリング

ターゲットの状態を監視。AWSのサービスの一つであるCloud Watchメトリクスでログの取得を可能にしている。
ターゲットの異常を検知したら通信を振り分けないようにしてくれる。

ではALBは?

  • HTTPトラフィックとHTTPSトラフィックのレイヤー7層の負荷分散ができるロードバランサー
  • つまりはWebサイトやWebサービスの負荷分散にはALBを使用する(多分)
  • ALB以外にNLB(Network Load Balancer)という一種もある

NLB

  • レイヤー4層で動作。TCPなどの負荷分散ができるロードバランサー

ひとりごと

OSI参照モデルがよくわかっていないが、Webアプリ開発者の私はALBを使うのであろうか
OSI参照モデル理解しよう。。

参考

こちらの記事は以下の参考文献をもとに記述しています。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0