Help us understand the problem. What is going on with this article?

Kubernetes, Docker周りのVSCode便利拡張機能

More than 1 year has passed since last update.

概要

Kubernetesそのものの運用などとはちょっと違い、KubernetesやDockerを使っていく上でちょこっと便利なVSCodeの機能の紹介です。
これらを使うことでKubernetesのちょっとしたIDEがVSCodeできてしまいます。コマンドをいちいち打つのがそろそろめんどくさいと思った方、一からyamlを作るのはちょっと・・・(実務的にはあまりないでしょうけど)、あの書き方どうだっけ?ってなるって方には作業支援になるのではと思います。

Docker

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=PeterJausovec.vscode-docker

まずはKubernetesのベースになるdockerのための拡張機能。

  • リソースのリスト化と簡易的にコンテナへの操作がコンテキストメニューからできる
  • dockerfileやdocker-compose.ymlのIntelliSenseが使えるようになる
  • docker rmdocker logsなど基本的なdockerコマンドがコンテキストメニューから選択できる
  • docker attachdocker execも右クリックからの操作でVSCodeのターミナルにアタッチできる

image.png
スクリーンショット 2018-12-03 13.10.07.png

Kubernetes

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ms-kubernetes-tools.vscode-kubernetes-tools
image.png

Kubernetesの簡易ダッシュボードがわりになってくれる拡張機能。

  • リソースの一覧やコマンド操作などをコンテキストメニューから行うことができる
  • Dockerと同じ感覚でPodへのターミナルのアタッチもできます
  • リソースをクリックすると、上の画像のように、そのyamlが見れる
  • ymlファイル上でリソースの名前を打つと簡単なテンプレートをサジェストしてくれる(下記gif) k8s_support.gif

kubeconfigのコンテキスト切り替えなんかもできます

Kubernetes Support

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ipedrazas.kubernetes-snippets

なぜかあんまり記事が出てこなかったKubernetesのyaml作成支援機能。
個人的にはKubernetesの「yamlの壁」を下げてくれる可能性を感じる拡張機能だと思っています。
基本的には前述の「Kubernetes」のサジェスト機能をより強化したものです。
「Kubernetes」よりも対応しているリソーステンプレートの種類が豊富。
雛形を調べて引っ張ってこなくてもこの拡張機能である程度作成できてしまいそう。(もちろんそれぞれのリソースへを理解していないと意味ないですが)

例えば、Deploymentだと、フルセットのものとシンプルなものを選べます。

k8s_support2.gif

ちなみにシンプルなものだとこんな感じ。

serviceからserviceAccountまで豊富ですね。typeまで列挙してくれている。親切!
k8s_support3.gif

以上、ちょこっと便利なKubernetes周りの拡張機能の紹介でした。
よければ使ってみてサクサクyamlを書いてください。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away