Help us understand the problem. What is going on with this article?

githubでリポジトリを消してしまった時の対処法

はじめに

Qiita初投稿です🙂🙂
先日、個人アプリを作成していた際、Github上からリポジトリを全て消してしまいました。(ちなみに何を血迷ったのか、私はローカルのファイルも削除してしまいました、、、)
頭が真っ白になり、血の気が引きました:frowning2::frowning2:
しかし、約30分後には全て元どおりになりました。
同じような経験があればこの記事を参考にしてください。

何をしたのか

やることは一つです!!
Githubのお問い合わせフォームに連絡する!!ただそれだけです!!
スクリーンショット 2019-09-23 17.57.22.png
①右上のお問い合わせをクリック
スクリーンショット 2019-09-23 18.46.37.png
②右側の無料バージョンのお問い合わせフォームに飛ぶ(有料バージョンを使用されている方は専用のページがあるのでそちらへ!)
スクリーンショット 2019-09-23 18.50.58.png
③必要事項を記入し、送信(英語で記入しなければならないので例文を載せておきます。)
【例】
Hi, GitHub Team

I accidentally deleted a "Githubのニックネーム/リポジトリ名" repository. Can you resurrect it?

その後、しばらく待つとGitHub Developer Supportからメールが届きます。(私は10分くらいで返信が来ました。)
スクリーンショット 2019-09-23 18.56.55.png

こんな感じ。
あとは指示にしたがってどのリポジトリを復活させるのか返信します!!

返信してから15分後くらいには元どおりにもどりました!!!

補足

調べるとGithubは一ヶ月以内のリポジトリはすべてバックアップを取っているようです。
さすが大企業、、素晴らしいサービスですね。
第一に無闇にリポジトリを消さないのはもちろんのことですが、間違えて消してしまった場合でも大丈夫です。
Github最高😋

記事を書くモチベーションになるので、もし参考になったらいいねお願いします:thumbsup_tone1::thumbsup_tone1:

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away