Haskell
ATOM

ATOMのide-haskell導入手順(MacOS X)

More than 1 year has passed since last update.

Haskellの勉強を始めました。

個人的に、静的型付け言語で入力補完機能を使わない人はどMだと思います。

僕は、どMではないので、Atomにide-haskellを挿れました。


HaskellのビルドツールStackの導入

まず、はじめにHaskellのビルドツールのStackを導入します。

StackにはGHCが同梱されているので、既にGHCを入れている場合は事前にアンイストールしておきます。

僕はパッケージ管理にHomebrewを使っているので、下記コマンドでアンイストールを実行します。

$ brew uninstall ghc

次に、Stackをインストールします。

$ brew install haskell-stack

インストールが完了したら、Setupコマンドを実行します。

$ stack setup

Stackで導入したGHCは先頭にStackを付けて実行します。

$ stack ghc test.hs

ただ、毎回Stackをつけるのは面倒なのでAliasを設定しておきます。

Macの場合は、~/.bashrc にエディタで追記します。

(PATHの設定方法)

alias ghc="stack ghc"

alias ghci="stack ghci"
alias runghc="stack runghc"


PATHの設定

PATHも同様に~/.bashrc にエディタで追記します。

export PATH="$HOME/.local/bin:$PATH"

このPATHを通していないと後で導入するghc-modやhlintコマンドが利用できない。


Stackでパッケージをインストール

ghc-modとhlintというパッケージをStack経由でインストールします。

HlintはlintのHaskellバージョンです。

$ stack install ghc-mod hlint


Atomのインストール

Atomをインストールします。

インストール方法はZipを展開してアプリケーションフォルダに移動するだけ。

インストール後起動して、Atomメニューの「Install shell commands」をクリック。

これによりapmコマンドがターミナルで使えるようになります。

(apmは、ターミナル上でAtomのパッケージをインストールするためのコマンドです。)


Atomのパッケージ導入

apm経由で以下7つのパッケージを導入します。

-ide-haskell

-ide-haskell-repl

-linter-hllint

-linter

-language-haskell

-haskell-ghc-mod

-autocomplete-haskel

以上のパッケージを以下コマンドでインストールします。

$ apm install ide-haskell-repl linter language-haskell linter-hlint haskell-ghc-mod autocomplete-haskell ide-haskell

これで、atomでHaskellのソースファイルを開けば、ide-haskellが起動するはずです。

$ atom test.hs


参考にした記事