Arduino

モータードライバL6470とArdinoでステッピングモーターを制御する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

ArduinoとL6470を使ってステッピングモーターを制御する方法を紹介します
初心者向け

注意:L6470は秋月とストロベリー・リナックス版の二種類があります.
どちらか必ず確認し仕様書にしたがって組み立てましょう

見分け方

電源を入れるとLEDで光る→秋月
光らない→ストロベリー・リナックス
ピン数も違います
Evernote Camera Roll 20161222 123907.jpg

手順

ステッピングモータードライバーL6470をはんだ付け+ジャンパ設定をする

ばらばらになっているパーツを説明書通りはんだ付けする

Evernote Camera Roll 20161222 123906.jpg

ジャンパ設定

ストロベリー・リナックス版のジャンパー

S__7594006.jpg
screenshot.png

秋月版のジャンパー

S__7594007.jpg

screenshot 2.png

使用するステッピングモーターの仕様書を確認して接続方法を確認する

(今回のステッピングモーターはバイポーラ ステッピングモーターSM-42BYG0をためしています)
screenshot 3.png

Scannable の文書 -2016-12-22 12_41_23-.png

電源周りのセッティング(モーター電源)

プラスマイナス間違えるとドライバーが壊れそうなので要確認
Evernote Camera Roll 20161222 125443.jpg
Evernote Camera Roll 20161222 125444.jpg
全体的な配線はこんなかんじになりました
Evernote Camera Roll 20161222 125749.jpg

制御するマイコン側の配線

(Arduino UNO編・ストロベリー・リナックス制用 秋月版はちょっとピンの位置が違うので気をつけましょう)

参考サイトはココ
北の国から電子工作(仮)様は大分お世話になっています
http://spinelify.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
このさきのURLを参考にプログラムをコピペして動いてくれるか確かめましょう
つなげ方

ストロベリー・リナックス

screenshot 2 (1).png

秋月

番号がストロベリー・リナックスと異なるので注意しましょう
screenshot 3 (1).png

制御と値

screenshot 5.png
一応このステッピングモーターで試したのですが,#12026の例で若干脱調しかかっていたので,中型モータの例の値も使ってみながら,いい感じの値を探しましょう・・・.

北の国から電子工作(仮)様のArduinoで簡単に動かすスケッチをダウンロードしましょう
http://spinelify.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
注:これをためす場合はBusyピンを入れましょう

コマンドの送り方

screenshot 2 (2).png
screenshot (1).png

その他

便利機能について

・北の国から電子工作(仮)様のサイトに,どの角度でどんなスピードでなどドライバーから値を取得する方法が載っています.
・機能がよくわからなかったらまず北の国から電子工作(仮)様のサイトのサンプルプログラムを参考に説明書を読んだほうがよいと思います

Mark命令で逆回転させる方法

Mark(指定の値まで回転させる)命令があるのですが,MarkはMarkレジスタまで一番回転数が少ない方向で回ります
例えば回転方向を指定してどれくらい回転させるということができません
ただしMarkレジスタは0〜3FFFFFの範囲しかないので
初期設定でMarkレジスタに3FFFFFを入れて,次に3FF000に行けと命令を出すと逆回転することができます

参考文献

北の国から電子工作(仮)様
http://spinelify.blog.fc2.com/

間違っているところなどありましたら教えていただけると幸いです.