Git

これだけ知っていれば何とかなるGitコマンド

Gitはいろいろコマンドがありますが、最低限これだけ知っていればなんとかなるコマンド紹介
これ以外は困ったときは誰かに聞くでなんとかなります。

ちょっと正確ではないですが、
Gitはローカルリポジトリリモートリポジトリと2つのリポジトリがあります。

  • リモートリポジトリ:全員で共有するリポジトリ
  • ローカルリポジトリ:自分のみが使用するリポジトリ

モジュールを修正してから取り込む流れはだいたい下記の通り
1. ローカルリポジトリに変更を反映
2. ローカルリポジトリにコミット
3. リモートリポジトリの内容をローカルリポジトリに取り込む
4. ローカルリポジトリの変更内容をリモートリポジトリに反映

git add .

ローカルリポジトリに変更を反映(削除ファイル反映されない)
ファイルを指定する場合は git add test.txt という感じ

git diff HEAD [ファイル名]

修正前との差異を表示

git rm [ファイル名]

ローカルリポジトリからファイル削除

git commit -m "コミットメッセージ"

ローカルリポジトリにコミット
GitLabなどを使っているとコミットメッセージは#issue番号とよく書きます

git pull origin [ブランチ名]

リモートリポジトリの内容をローカルリポジトリに取り込む

git push origin [ブランチ名]

ローカルリポジトリの変更内容をリモートリポジトリに反映
git push origin master

git checkout -b [ブランチ名]

ブランチを作成する

履歴確認系だと

git log 

履歴を表示

git log -p [ファイル名]

指定したファイルの履歴を表示

git show [コミット番号]

指定したコミット番号で変更したファイルの差異を表示

ちょっと難しめのコマンドだと

よくあるのが、まだプログラムの途中だけど緊急の不具合対応や仕様変更をやる場合

git stash 

コミットされていないファイルを退避する
addも含まれる

git stash pop

退避したファイルを取り出す
退避していたファイルはstash領域から削除される

git stash apply

退避されたファイルを取り出す
退避していたファイルはstash領域に残る