Amazon EC2 の t2.medium についてのメモ

More than 3 years have passed since last update.

t2 は昼間や深夜などアクセスが少ない時間帯にCPUクレジットがたまり、夕方などのアクセスが多い時間帯にCPUクレジットを消費してCPUを使うことができるので、Web/Appサーバとして良さそうだということで、テスト運用してみました。

ところが、CPUのベースラインについて勘違いしていたため混乱したので、ここに記録として残しておきます。


T2

Amazon EC2 には T2 タイプのインスタンスというものがあります。


T2 インスタンスはベースラインレベルの CPU パフォーマンスを提供しながら、そのベースラインレベルを超えてバーストする機能を備えています。



CPUクレジット

タイプ
1 時間あたりに受け取る CPU クレジット
ベースラインパフォーマンス(CPU 使用率)

t2.micro
6
10%

t2.small
12
20%

t2.medium
24
40%

ベースラインのCPUを使っていない場合、クレジットが溜まっていきます。CPUの使用量がベースラインを超えた場合は、クレジットを消費しますが、クレジットがある限りはCPUを使い続けることができます。


t2.medium

t2.micro、t2.small は分かりやすいのですが、t2.medium はコアが2つなので、注意が必要です。

Linuxの CPU Usage だと、1コア100% で、2コアだと 200% が上限になっています。この換算でいうところの 40% がベースラインです。

ところが CloudWatch ではCPUコアの合計を 100% として表示されます。

Linux: 40% / 200%

CloudWatch: 20% / 100%

というようになります。

なので、CloudWatch で数値を見ていて 20% になると、ベースラインの 40% に達している状態となっています。

まだ 20% だから余裕がある……と思っていると、CPUクレジットを消費していってしまう状態となりました。


感想

Web/Appは波があるとはいえ、そこそこのアクセスは継続してあるので、うちの場合では t2 よりは c3 のほうがコストパフォーマンスは良いということで、いまは c3 を使っています。

定期的な重いバッチ処理を動かすサーバなど、短時間だけCPUを必要とするようなサーバでは t2 がよさそうだと思いました。


参照