AWS
GoogleCloudPlatform

Amazon Web Services と Google Cloud Platform の対応表

More than 3 years have passed since last update.

クラウドといえば Amazon Web Services だが、ここ最近は Google Cloud Platform がいろいろと充実してきたので、主な製品(私の主観)の対応表をまとめてみた。


コンピューティング

Amazon
Google

EC2
Compute Engine

Auto Scaling
Autoscaler

-
App Engine


データベース/ストレージ

Amazon
Google

RDS

Cloud SQL, Cloud Datastore

DynamoDB
Cloud Datastore

S3
Cloud Storage

EBS
Compute Engine の Persistent Disks

ElastiCache
App Engine の Memcache

Redshift
BigQuery


ネットワーク

Amazon
Google

Route 53
Cloud DNS

Elastic Load Balancing
HTTP Load Balancing

?
Network Load Balancing


その他

Amazon
Google

SNS
Cloud Pub/Sub

IAM
Google アカウント?

CloudWatch
Cloud Monitoring

CloudFront
各サービスに Edge Cache 付き

EMR

Hadoop on Google Cloud Platform, BigQuery

Kinesis
Cloud Dataflow

SQS
App Engine の TaskQueue

SES
-

CloudSearch
App Engine の Search API

Direct Connect
Direct Peering


機能について


地理

Amazon は東京近郊にデータセンターがある。

Google は Compute Engine などの一部のサービスはアジアのデータセンターにあり、かなりネットワーク的には近いが、App Engine などはアメリカとユーロにしかないのが弱点。データセンターとの通信は、おそらく Google のネットワークで日本まで来ていると思われ高速だが、さすがにアメリカは遠い。


EC2 / Compute Engine

Amazon EC2 のほうがインスタンスの種類が多いので対応幅は広いか。


App Engine

Google App Engine はコンテナによって隔離されたサンドボックスでユーザのアプリケーションを実行し自動でスケーリングするプラットフォーム。最近はコンテナや Immutable Infrastructure といった言葉をよく聞くようになったが、Google App Engine はそれをすでにマネージドで実現していて良い。

日本(せめてアジア)にあれば最強のプラットフォームなのに……(個人の感想です)。


RDS / Cloud SQL

Amazon RDS は MySQL という使い慣れているデータベースがマネージド(自動バックアップ/Multi-AZ)で提供されているという安心感がある。

Google Cloud SQL は現時点では RDS に機能的には及ばず。


DynamoDB / Cloud Datastore

Amazon DynamoDB はインデックスの制約がきついのと、パフォーマンスのスケーリングも自動ではない。

Google Cloud Datastore はリレーショナルデータベースではないが、SQL風のクエリで複数カラムを条件にしたクエリも実行できるし。自動でスケールするので管理も不要。DynamoDBに比べてクエリが多機能なのでアプリを実装しやすい。


S3 / Cloud Storage

どちらも耐久性に優れる。Signed URL といった機能もどちらにもある。

Amazon S3 は Glacier があるのが良い。


Redshift / BigQuery

価格の安さや手軽さでBigQueryが優位か。


Elastic Load Balancing / HTTP Load Balancing

Google の Load Balancing はウォーミングアップが不要で大量にリクエストを処理できるのが良い。


まとめ

Amazon RDS が素晴らしいのと、日本国内にデータセンターがあるので、Amazon Web Services がクラウドを検討する際の第一候補となるだろう。

Google のアジアのデータセンターは非常に日本に近いようなので、Google にあるコンポーネントだけで構成できるサービスであれば、充分に Google Cloud Platform は検討の余地はある。

Google App Engine がアジアにくれば、Webやゲームでもっと使われるようになると思うので、いい加減そろそろ Google App Engine をアジアにください。