Hue
homekit
ikea
TRÅDFRI
Koogeek

HUEアプリとApple HomeKitを使い分ける


基本はHUEアプリで設定


AppleHomekitアプリでは見えないデバイス多数


  • HUEブリッジの方が登録可能なランプ製品多い

  • ランプ照度の制御しかできない

  • HUEブリッジ任せた方が照度の他に照明色、フェイドアウト時間など微調整可能

  • 命令系統は HomeKit→HUEブリッジ→ランプとなる


設定のキモは「エンターテイメント エリア調整」


  • デフォルトでは、「HUEブリッジからの距離」で反応しないランプが出る

  • 全ライトを「エンターテイメント エリア」として設定する


    • ブリッジから各ライトへの命令に対して電波強度を自動調整

    • 全ライトが同期動作するように

    • 以後の通常コマンドもスムーズに届くように



DCB7B558-E1C6-4068-99FA-D18C99948C98.jpeg

5130C870-4EA5-40B1-9B14-2E8F518A7836.jpeg

9DBC12AB-8D77-4433-8C67-75634ECFA7F7.png


IKEAスマートLED電球TRÅDFRIは HUE登録が吉


  • 日本でもTRÅDFRIブリッジが発売!でもリモコン必要。費用高い。

  • 細かい制御はHUEアプリの方が洗練


格安HUEライト IKEAスマート電球TRÅDFRI


Koogeekの制御はAppleHomekitアプリから


  • KoogeekデバイスはHUEから見えない

  • 制御パスは以下の通り

   HomeKit━━┳━━HUEブリッジ━━┳━━ HUEランプ

         ┃           ┗━━ TRÅDFRIランプ

         ┗━━━━━━━━━━━━━ Koogeekデバイス