Blockchain
ブロックチェーン
More than 1 year has passed since last update.

今回はブロックチェーンを支えるP2Pネットワークについて紹介します。
できる限り「Short & Simple」を心がけます。
なお、私もブロックチェーン初学者なので、内容に誤り等ありましたらご指摘いただけると幸いです。

P2Pネットワークとは

P2P(peer-to-peer)ネットワークとは、以下のような条件を満たすネットワークのことを指す。

  • ネットワークに参加しているノード(コンピュータ)がすべて同等の立場である
  • 特別なノードがない
  • すべてのノードがサービスを提供する負荷を分担している

以上より、P2Pネットワークでは「サーバ」や「ネットワーク内の階層」は存在しない。
P2P技術を用いたサービス例としては、winnyなどの「ファイル共有サービス」が挙げられる。

長所

  • 一部のノードが故障や停止しても全体は影響を受けない(ゼロダウンタイムの実現)
  • 規模が大きくなればなるほど対象外性に優れていく

短所

  • 規模が大きくなればなるほど全体性能は悪くなる
  • システムを止めたくても簡単には止められない
  • 悪意のあるノードも参加できる

ブロックチェーンでの応用

ブロックチェーンはP2Pネットワーク上のシステムであり、参加しているノードすべてが同じブロックチェーンのデータを保持する。なお、同じデータを参照していることを保証・検証するために、ハッシュ関数が用いられている。
参加者全体でブロックチェーン(取引データ)を監視することで、改ざんや不正使用を困難なものとしている。

参考文献