Network
dns

DNS設定周りで登場する用語のメモ

前提条件

  • 今まで、インフラ担当部署がある現場でしか働いたことがなく、自分で設定したことがなかった
  • 申請で見聞きしていた言葉たちをもう一度ちゃんと見つめ直そうと思った時のメモ

用語の説明

用語 正式名称 説明
 FQDN  Fully Qualified Domain Name FQDNとは、DNS(Domain Name System)などのホスト名、ドメイン名(サブドメイン名)などすべてを省略せずに指定した記述形式のこと。 例えば、「www.atmarkit.co.jp.」 はホスト名「www」とドメイン名「atmarkit.co.jp」をすべて揃えたFQDNである。
A Address A(Address)レコードは、IPv4でホスト名とIPアドレスの関連づけを定義するレコードです。「www」などのホスト名を入力し、VALUEにグローバルIPアドレスを入力することによって、サーバーへの名前解決が行われます。
AAAA AAAAレコードは、IPv6でホスト名とIPアドレスの関連づけを定義するレコードです。
CNAME NAMEレコードは正規ホスト名に対する別名を定義するレコードです。特定のホスト名を別のドメイン名に転送する時などに利用します。※正規ホスト名はAレコードが登録されている必要があります。※特定のファイルやサブディレクトリを指定する事はできません。※ホスト名なしのCNAMEレコードは登録することができません。
NS Name Server NSレコードとは、ゾーン情報を管理するネームサーバーのサーバー名を定義するレコードです。※NSレコードのホスト名はAレコードが登録されている必要があります。

AレコードとCNAMEレコードの違い

  • 参考:AレコードとCNAMEレコードの違い

  • Aレコード

    • ドメイン名:IPアドレス = 1:n を定義
    • IPアドレス:ドメイン名 = 1:n を定義
    • 両方設定可能
  • CNAMEレコード

    • IPアドレス:ドメイン名 = 1:n を定義
    • とあるドメインに別名ドメインを設定可能