Edited at

GitHub標準のカンバンが登場!新たに導入されたProjectとは

More than 3 years have passed since last update.

本日様々な新機能がGitHubに導入されました! :clap:

ここではその中の1機能Projectについて紹介します。


Projectとは

GitHub Helpに詳細は書いてありますが、使ってみた結果まとめると2つに集約されます。


  1. カンバン形式でタスクを管理できる

  2. Issue以外にもNoteを作成できる

一通り使い方と参考画面を示していきます。


Projects作成

まずRepositoryページへ行くとProjectsという項目が追加されているのが分かります。

Project Tab

Create a projectボタンを押して新規Projectを作成できます。

Create a project

ProjectにはWorkflowとなるColumnを追加することができます。

Project Page

Fullscreenで利用することもできColumnとNote追加してみると良い感じです :blush:

Project Fullscreen


Projectの管理

Add cardsをクリックすると既にRepositoryに作成済みのIssueを参照できます。ドラッグ&ドロップでColumnに追加することができます。

Add cards


Columnの追加

Add columnボタンから新規でColumnを作成できます。

New Column

作成されるとこのようにボックスが出来上がります。

Column created

ドラッグ&ドロップで簡単に移動できて安心ですね :smile:

Column can be moved


Noteの追加

ColumnにはNoteを作成できます。今までのGitHubにはなかった新たな概念です。

Create Note

Noteに対しては次の4つのアクションが行えます。


  1. Copy Card URL(CardへのURlをコピー)

  2. Convert to issue(NoteをIssueへ変換)

  3. Edit note(Noteを編集)

  4. Delete note(Noteを削除)

Note Action

もちろんNoteもドラッグできます。

Note can be moved


NoteのIssueへの変換

NoteをIssueへ変換してみると...

バッチリIssueマークになります。

Note can be converted to Issue

Closeするとマークも変わるためIssueの状態が分かりやすいです。

Issue Closed


GitHubでカンバンと言えば...

そうです!ZenHubです。

ZenHubはGitHubのIssueをカンバン形式に管理可能にしてくれる拡張機能です。

ZenHubに関しては以下の記事が参考になります。


ZenHubは不要に!?

GitHubにProject機能が導入されたことでZenHubは不要になったのでしょうか。

そうではありません。(少なくとも現段階では)

Dispatches from GitHub Universe: Integrating with ProjectsにてZenHubがGitHubとの違いについてまとめられています。

GitHubともパートナーとして協力しているようですし、

ZenHubでしか利用できない機能は依然存在しています。


  1. 複数リポジトリを同時に管理できる

  2. Issueを直接カンバン管理できる


    • GitHubではProjectとIssueを事前に紐付ける必要がある




まとめ


  • GitHubにProject Management機能が追加されカンバン表示が可能になりました

  • ZenHubは依然として有益です