Git

【Git】よく使うコマンドを復習

More than 1 year has passed since last update.

概要

Gitでよく使うコマンドの復習です。
プログラマーに教えてもらったので、メモ。

リベース

例えば、developを基準にして開発していて、自分がマージするときにそのdevelopが進んでいたりするとマージにリスクがあるため、リスクを軽減した方が良い場合があります。
その場合、基準にしたdevelopブランチを最新にしておくとリスクが減ります。
このように、リベーストは基準にしたブランチを変更したいときに行う手順です。

以下の手順で作業します。
1. リベースしたいブランチはチェックアウトし、コミットして起きます。
2. グラフ上でベースにしたいブランチを右クリックし、「リベース」をクリックします。
3. 特にコンフリクトが起きなければこちらで完了です。

featureブランチの切り方

  1. リモートのdevelopブランチをダブルクリック
  2. 新規ローカルブランチ名を「feature/0000」にします。
  3. 「ローカルブランチにリモートブランチを追跡させる」のチェックを外します。
  4. OKをクリックします。

masterの位置の写し方

デプロイの関係で複雑な手順になっています。
一般的なプロジェクトだとマージすればいいだけだから、あまり参考にならないかも。

  1. 修正したデータををプッシュする。
  2. ブランチmasterをダブルクリック
  3. プッシュしたfeatureブランチを右クリックして、「このコミットまでmasterを戻す(Heard)」をクリック。
  4. headと出た場合プッシュする((↑3↓1)となった場合は下記を参考に)
  5. 自動的にデプロイになり、stagingに反映する

※masterの位置を変えた時に(↑3↓1)の用になった場合
focusを行います(基本的にはやってはいけない)
ターミナルでプロジェクトの階層まで移動します(「ls、cd」を使う)
そこで下記のコマンドを打ちます。
sudo git push -f origin master
マシンのパスワード、gitのパスワードが聞かれたら打ち込みます。

プルリクを出す。

  1. featureブランチの対象となる番号を右クリックしてメニューを出し、一番下の「プル リクエストを作成…」をクリックします。
  2. baseをdevelopに変更します。
  3. タイトルにredmineのチケットタイトルを書く
  4. コメント欄にredmineのurlを入力します。
  5. プル リクエストを出します。

developの修正を取り込む

  1. 修正しているfeatureブランチをダブルクリックする
  2. developのコミットを右クリックして「マージ」を選択する。
  3. 競合していなければ、developの位置がfeatureブランチに移動する。

おそらく役立つ情報

痒いところに手が届くかもしれない記事を書いています。
フォローしてくれるとやる気になります!