Edited at

お名前.comで取得したドメインをAmazon EC2に紐付ける

More than 1 year has passed since last update.


概要

お名前.comで取得したドメインをAmazon EC2で運用する場合の方法です。

手順としては、EC2のHost ZoneでIPを固定してNSを設定、その値をお名前に設定という流れになります。

一度やってしまえばなんてことないのですが、初めてだと色々とわからないことがあるかもしれません。


EC2の設定


Hosted Zoneの作成


Elastic IP

EC2は、デフォルトはPublic IPのため、時間とともに変わる可能性があります。

そのため、Elastic IPを設定する必要があります。


Elastic IPの設定

Elastic IPをクリックし、「割り当て」をクリックします。

「Elastic IP」を割り当てたら、「プライベート IP アドレス」を割り当てます。

Route 53の設定で使うので、「Elastic IP」をメモします。


Route 53


ネームサーバーを設定

マネージメントコンソールから「Route 53」をクリックします。

続いて「DNS management」をクリックします。

左メニューの「Hosted zones」から「Create Hosted zones」をクリックします。

画面が切り替わったら上の「Create Hosted zones」をクリックします。


  • Domain Name: 取得したドメイン名

  • Comment: 空

  • Type: Public Hosted Zone

NSレコードとSOAレコードが生成されるます。

お名前の設定で使うので、NSの4つをメモします。


Record Setの設定

Route 53の画面からCreate Record Setをクリックします。

メモしたElastic IPをペーストし「Save Record Set」をクリックします。


  • Name: 空

  • Type: A - IPv4 address

  • TTL (Seconds):300

  • value:Elastic IP


お名前.comの設定

お名前にログインし、「ドメイン設定」→「ネームサーバーの設定」→「ネームサーバーの変更」をクリックします。

「他のネームサーバーを利用」→「ネームサーバー情報を入力」をクリックします。

メモしたネームサーバーの情報を入力します。

※終わりが「.」の場合は「.」は削除します。


最終確認

digコマンドでチェックします。

digはDNS(ネームサーバ)の情報を出すコマンドです。

ここにEC2のアドレスが出ていれば72時間以内に反映されます。

$ dig hogehoge.com


参考情報


用語説明

用語
説明

Elastic IP
アカウントに割り当てることができるパブリック IP アドレス

プライベート IP
プライベート IP アドレスは、インターネットから到達できない IP アドレス


参考サイト