This request has already been treated.

  1. blhsrwznrghfzpr

    fix: 変数の誤り

    blhsrwznrghfzpr
Changes in body
Source | HTML | Preview

2015年に ES2015 がリリースされてから、個人的に EcmaScript の毎年の新機能のリリースがとても楽しみになりました。
そして来年には ES2019 のリリースが控えています。

そこでこの記事では、執筆時点で ECMAScript proposals で Stage 3 の段階にあるものの中で個人的に興味があるものをいくつかピックアップします。
( ES2019 に確実に含まれることを保証するものではありません)

BigInt

JavaScript では取り扱える整数値の最大が決まっています。
それは Number.MAX_SAFE_INTEGER で取得することができます。この値は 2の53乗 - 1 の値になります。

const x = Number.MAX_SAFE_INTEGER

console.log(x === 2 ** 53 - 1) // true
console.log(x) // 9007199254740991
console.log(x + 1) // 9007199254740992
console.log(x + 2) // 9007199254740992

見てわかる通り、 9007199254740991 よりも大きい整数は正しく扱うことができません。
それを扱えるようにしたのが BigInt です。

BigInt は整数の最後にnを加えるか、コンストラクタを呼び出すことで作成できます。

const x = 9007199254740991n
const y = BigInt(9007199254740991)
const z = BigInt('9007199254740991') // string も渡せる

console.log(x === y) // true
console.log(x === z) // true

BigIntNumber と同様に演算ができます。
しかし / だけは Number での計算とは違い、計算結果の小数点を丸めてしまいます。

const x = BigInt(Number.MAX_SAFE_INTEGER)

console.log(x) // 9007199254740991n
console.log(x + 2n) // 9007199254740993n
console.log(x - 2n) // 9007199254740989n
console.log(x * 2n) // 18014398509481982n
console.log(x % 10n) // 1n
console.log(x ** 2n) // 81129638414606663681390495662081n

console.log(x / 1000000000000000n) // 9n

Number と比較した際の挙動など、細かな仕様は以下で確認できます。
GitHub - tc39/proposal-bigint: Arbitrary precision integers in JavaScript

Array.prototype.{flat,flatMap}

Array のメソッドとして、 flatflatMap が追加されました。

flat

ネストされた配列を結合することができます。
どの深さまでのネストに対応するのかを引数で指定することができます。デフォルトは 1 です。

const arr1 = [1, 2, [3, 4]]
console.log(arr1.flat()) // [1, 2, 3, 4]

const arr2 = [1, 2, [3, 4, [5, 6]]]
console.log(arr2.flat()) // [1, 2, 3, 4, [5, 6]]

console.log(arr3.flat(2)) // [1, 2, 3, 4, 5, 6]
const arr1 = [1, 2, [3, 4]]
console.log(arr1.flat()) // [1, 2, 3, 4]

const arr2 = [1, 2, [3, 4, [5, 6]]]
console.log(arr2.flat()) // [1, 2, 3, 4, [5, 6]]

console.log(arr2.flat(2)) // [1, 2, 3, 4, 5, 6]

便利。

flatMap

配列に対して Array.prototype.map を行って返された配列に Array.prototype.flat を行うイメージです。
しかし flat を行う際のネストのレベルは1階層分のみです。

const arr = [1, 2, 3, 4]

function callback(x) {
  return [x * 2]
}

console.log(arr.map(callback)) // [[2], [4], [6], [8]]
console.log(arr.flatMap(callback)) // [2, 4, 6, 8]

// flat と違い対応できるネストの深さは指定できず、1段階までです
console.log(arr.flatMap(x => [[x * 2]])) // [[2], [4], [6], [8]]

すごく便利。

String.prototype.{trimStart,trimEnd}

String のメソッドとして、 trimStarttrimEnd が追加されました。
以前からあった String.prototype.trim は文字列の前後の空白を削除するメソッドでしたが、今後は前を削除するのか後ろを削除するのかを選べるようになります。

const str = ' hoge '

console.log(str.trim()) // "hoge"
console.log(str.trimStart()) // "hoge "
console.log(str.trimEnd()) // " hoge"

あまり前のスペースだけ、もしくは後ろのスペースだけを削除したい実例が思い浮かばなかったのですが、なんにせよ対応できる幅が増えるのは良いことですね。

Object.fromEntries

Object.entries の逆バージョンです。
Object.entries が渡したオブジェクトをキーバリューの配列を返すのとは逆に、キーバリューの配列を渡すとそれをオブジェクトに変えてくれます。

const obj = Object.fromEntries([['a', 0], ['b', 1]])

console.log(obj) // { a: 0, b: 1 }

個人的に Object.entries は多用するので、きっと Object.fromEntries も多用するのでしょう、きっと・・・。

細かな仕様は以下で確認できます。
GitHub - tc39/proposal-object-from-entries: TC39 proposal for Object.fromEntries

import()

いわゆる dynamic import です。
外部モジュールを動的に読み込むことができるようになります。

Code Splitting などですでに使用している方は多いかと思いますが、それが ES2019 では標準で使えるようになるかもしれません。

この import 文は Promise を返します。

const filePath = 'modules/func'

import(`./${filePath}.js`)
  .then(module => {
    console.log(module)
  })
  .catch(err => {
    console.error(err)
  })

他の細かな仕様は以下で確認できます。
GitHub - tc39/proposal-dynamic-import: import() proposal for JavaScript

おわり

いくつか解説しましたが、現時点での ECMAScript proposals の Stage 3 は他にもまだまだあります。
全て見てみたいという方は tc39/proposals のリポジトリを見てみてください。

GitHub - tc39/proposals: Tracking ECMAScript Proposals