Posted at

Raspberry pi 3 上で、SWITCH SCIENCE BME280 を動かしてみた

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

Raspberry pi 3の電子工作にハマり、部屋の温度、湿度、気圧を取って遊んでみようと言うことで、「SWITCH SCIENCE BME280」を購入してました。

今回は動かすことメインで!!!


構成


  • Raspberry pi 3(OS:Raspbian)

  • SWITCH SCIENCE BME280 温湿度・気圧センサーモジュール

接続図は以下の通り

スクリーンショット 2018-06-13 22.22.43.png


手順


I2C を有効にする

左上の アイコン → 設定 → Raspberry Pi の設定 を選択すると、画面が起動。

インターフェースタブを選択し、 I2C を有効にし、OKボタンを押す

以下のコマンドで再起動することで、I2Cが有効化します。


terminal

$ reboot



I2C 接続できているか確認する

I2C接続のデバイスを以下のコマンドで確認する。


terminal

$ sudo i2cdetect -y 1


以下の通り、76 と表示されていて、接続が確認できる。

スクリーンショット 2018-05-27 22.37.35.png


サンプルソフトを動作


ダウンロード方法

SWITCHSCIENCE の github からサンプルソースコードを取得


terminal

$ cd (sampleファイルを置くディレクトリ)

$ wget https://raw.githubusercontent.com/SWITCHSCIENCE/samplecodes/master/BME280/Python27/bme280_sample.py


必要なソフトのインストール

bme280_sample.py 内で、smbus2 のライブラリを利用しているので、

以下のコマンドでインストール。


terminal

$ pip install smbus2



動作確認

以下のコマンドを入力することで、温度、気圧、湿度 を表示する。

温度は少し高めに出ているような気がする。。。


terminal

$ python bme280_sample.py 


temp : 27.56 ℃
pressure : 986.88 hPa
hum : 25.52 %


今後について

温度、気圧、湿度を クラウドサーバー に蓄えておき、それらのデータを分析してみたい。


参考URL