MacでJavaの開発環境構築メモ

  • 13
    Like
  • 1
    Comment

はじめに

MacでJavaの開発環境を構築した時のメモ書きです。

バージョン
Mac 10.11.6
Java 1.8.0_112
Apache Tomcat 8.5.11
Eclipse 4.6.2
Tomcatプラグイン 9.1.2

Java

  1. Javaをダウンロードしてインストール

Eclipse

  1. Eclipseへ移動
  2. 「Eclipse IDE for Java EE Developers」を選択してダウンロード
  3. パーミッションエラー回避のために「/Users」配下に配置します。

clean起動

プラグインなどをインストールしてうまく反映されなかった場合にEclipseをcleanコマンドで起動する。

コマンド
/Users/ユーザ名/Applications/eclipse/Eclipse.app/Contents/MacOS/eclipse  -clean

メモリ割り当て設定

  1. インストールしたEclipse.appを右クリック
  2. パッケージの内容を表示
  3. Contents > Eclipse > eclipse.ini
  4. メモリの割り当てを変更
eclipse.ini
Xms256m
Xmx1024m

Apache Tomcatの設定

  1. Apache Tomcatをダウンロードする
  2. 「/Users/ユーザ名/Applications」に配置
  3. ターミナルでtomcatに実行権限を付与
コマンド
chmod 755 /Users/ユーザ名/Applications/apache-tomcat-8.5.11/bin/startup.sh
chmod 755 /Users/ユーザ名/Applications/apache-tomcat-8.5.11/bin/shutdown.sh
chmod 755 /Users/ユーザ名/Applications/apache-tomcat-8.5.11/bin/shutdown.sh

EclipseのTomcatプラグイン設定

【パターン①】
こちらのプラグインはバージョンが古くて入れても使えませんでした。
Sysdeo Eclipse Tomcat Launcher plugin

【パターン②】
こちらの手順もインストール中にエラーになり、入れることが出来ませんでした。
Eclipse>Help>Eclipse Marketplace>Eclipse Tomcat Plugin 9.1.2

エラー内容
Unable to read repository at http://tomcatplugin.sf.net/update/content.xml.
javax.net.ssl.SSLHandshakeException: Received fatal alert: handshake_failure
    at sun.security.ssl.Alerts.getSSLException(Alerts.java:192)
    at sun.security.ssl.Alerts.getSSLException(Alerts.java:154)
    at sun.security.ssl.SSLSocketImpl.recvAlert(SSLSocketImpl.java:2023)
    at sun.security.ssl.SSLSocketImpl.readRecord(SSLSocketImpl.java:1125)
    at sun.security.ssl.SSLSocketImpl.performInitialHandshake(SSLSocketImpl.java:1375)
    at sun.security.ssl.SSLSocketImpl.startHandshake(SSLSocketImpl.java:1403)
    at sun.security.ssl.SSLSocketImpl.startHandshake(SSLSocketImpl.java:1387)

【パターン③】
こちらの手順を試したらインストールして起動ができました。
1. Eclipseのtomcatプラグインをダウンロード
2. Eclipse>help>Install New Software
3. Work withのadd>Archive>手順1でダウンロードしたzipを選択
4. Tomcat Pluginが表示されたらチェックしてインストール
5. Eclipse > 環境設定
6. Tomcat
7. Tomcatバージョンを選択
8. Tomcat Homeを選択(/Users/ユーザ名/Applications/Applications/apache-tomcat-8.5.11)
9. コンテキスト宣言モードを設定

thymeleafエディタ

  1. Eclipse>help>Install New Software
  2. テキストボックスに以下のURLを入力してインストール

http://www.thymeleaf.org/eclipse-plugin-update-site

velocityエディタ

  1. Help>Eclipse Marketplace
  2. 「velocity」で検索
  3. 「veloedit 1.0.7」をインストール

逆コンパイル

  1. Help>Eclipse Marketplace
  2. 「JadClipse」で検索
  3. 「Eclipse Class Decompiler 2.9.0」をインストール

プロパティエディタ

  1. Help>Eclipse Marketplace
  2. 「properties」で検索
  3. 「Properties Editor」をインストール

ショートカットキーの変更

個人的にデフォルトのショートカットキーだと使いにくかったので変更しました。

コマンド 変更前 変更後
Content Assist control+space command+space
Maximize Active View or Editor control+M command+M
Redo command+shift+Z command+y
Forward History command+] command+←
Backward History command+[ command+→
Line Start command+←
Line End command+→

ネーミングツール

codic

Eclipseの設定変更

空白を表示する

  1. Eclipse > 環境設定
  2. General > Editors > Text Editors
  3. Show whitespace charactersにチェックを入れる

Macのショートカッキーを無効

MacとEclipseのショートカットキーがデフォルト同じになっている。
どちらか変更しないとMacのショートカットキーが優先される。
その際に変更したショートカットキーです。

command + spaceのショートカットを無効

  1. 「システム環境設定」画面を表示
  2. キーボードをクリック
  3. 上にあるタブから「ショートカット」を選択
  4. 「Spotlight>Spotlight 検索を表示」のチェックを外す

control + spaceのショートカットを無効

  1. 「システム環境設定」画面を表示
  2. 「キーボード」をクリック
  3. 上にあるタブから「ショートカット」を選択
  4. 「入力ソース>前の入力ソースを選択」のチェックを外す