Vim

vimとかいうやつ

vimはテキストエディタらしい。

普段はatomを使っているけど、
git commitをするときにvimが出てきた。

これをatomに変える方法もあるけど、なんかちょいちょいvim出てくるから、最小限だけ覚えることにした。

超スーパーハイパーウルトラ最小限のvim講座

git commitをすると、なんのコミットをするのかのメモを取るためにデフォルトならvimが出てくる。
それ以外にも普通にテキストエディタとしても使える。

vimの超最小限は、
1. インサートモードにして
2. 文字を打ち込んで
3. 保存して終了する。

vimを全く触ったことがなかった自分は、

あれ、入力できないぞ!!!!なんだこれは!!!!どーうやったら文字が打てるようになるんだ!!!!

こんな心境に陥った。

だが、調べたら疑問は解決した。

「インサートモード」っていうのがあるらしい。
インサートモードにしないと文字は打ち込めない。

インサートモードにするのは「a」を押すだけ。笑

すると、文字が打てるようになる。

文字を打ったら、次にどうやって抜け出せばいいかわからない。

抜け出すのは、インサートモードを解除して、あるコマンドを打てばいい。

インサートモードを抜け出すのは「Esc」、通称エスケープキー
Escを押した後に、保存して終了するためのコマンド「:wq」を打つと完成!

まとめ

vimに何か売り込んで保存するには、、、

  1. 「a」を押してインサートモードにする
  2. 文字を打ち込む
  3. 「Escキー」を押してインサートモード解除する
  4. 「:wq」と打る(保存して終了という意味)

ちなみに、「:q」はただの保存
「:w」これは保存
合わせて「:wq」保存して終了。

もっと頑張りたい方は探せば色々あるので、調べてみてください。