Help us understand the problem. What is going on with this article?

UiPath Go!の自動化テストロボで、単体テストをしよう!

More than 1 year has passed since last update.

UiPathで、単体テストをやっている方はいらっしゃるでしょうか。

私の肌感覚だと、テストはあまりしておらず、ロボットが動いたらOKみたいな感じが多いような気がします。

何かテストできるものがないかなーと調べていると、UiPath Go!で単体テストができるワークフローを発見し、使ってみましたので、使い方をみなさんに共有したいと思います。

UiPath Go!の自動化テストロボ

こちらを用います。

UiPath Go!から直接ダウンロードできます。

https://go.uipath.com/ja/component/automation-test-robot?viewing-in=ja&updatedlanguage=true

image.png

1. 初期設定

ダウンロードしたら、「uipath_AutomationTestRobot」というフォルダがでてきました。

image.png

このテストロボの設定ファイルはここにあります。

uipath_AutomationTestRobot
    |-- src
        |-- config
                        | -- config.xlsx(これ)
        |-- lib
        |-- templates
        |-- test
    |-- test_cases_sample

image.png

uipath_AutomationTestRobot\src\config\config.xlsxを開くとこんな感じです。

この黄色い部分をパスを記入します。

image.png

私は全て、デスクトップ上にワークフローテストフォルダを作成して、その中に各フォルダを全て作成し、パスを記入しました。

image.png

2. テスト対象のロボを用意する

テスト用に超簡単なワークフローを用意しました。その名も、「消費税計算!」

image.png

つまり、このワークフローのin引数に100をいれると、outで110が返ってきます。

このワークフローをテストしたいと思います。

3.テストケースの自動生成

テスト自動化ロボを実行してみましょう!

uipath_AutomationTestRobot\src\Main.xaml

すると、ポップアップが出てくるので、3番目を選択しましょう!

image.png

フォルダーの選択を求められます。

image.png

なので、先ほど作成した消費税計算のフォルダを指定します。

image.png

ロボの実行が終了して、Config.xlsxGenerateTestCaseのフォルダーに指定したフォルダを見に行くと、エクセルファイルが生成されています!

image.png

中身は、in引数とout引数です。

image.png

4. テストケースを作成する

先程自動生成されたテストケースのひな型を用いてテストケースを作成します。

先程自動生成されたファイルを、Config.xlsxTestCaseに指定したフォルダ内にコピーします。

image.png

Valueに例えば100といれると、消費税計算をして110が返ってくるはずなので、out_税込価格110と記入します。

image.png

これでテストケースが完成です!

5. テスト実行!

このワークフローを実行します。(前のやつと一緒です。)

uipath_AutomationTestRobot\src\Main.xaml

ポップアップが出てくるので、次は1番目を選択します。

image.png

ロボットの実行が終了したら、TestResultフォルダーをチェックします。

ファイルが生成されているので、中身を確認すると、テストでin_税込み価格に100っていれたら、Tested Resultで110って返ってきたよ。

あらかじめ設定していたExpected Resultと値が一緒だね。

というわけで、テストが成功したかどうかを確認するPass?Trueになっています。

image.png

String, Int32以外の型はどうなのか

引数で返ってくる値がリスト型の場合は、{"りんご", "ごりら", "らっぱ"}のように書けばOK!

image.png

配列型の場合は、["りんご", "ごりら", "らっぱ"]のように書けばOK!

image.png

辞書型の場合は、{“key1":“value",“key2":“value2"}のように書けばOK!

image.png

です!

おわりに

今回はUiPathの単体テストの自動化の話をしました。

僕の肌感覚では、UiPathで単体テストをやっている人はすくないように思いますが、エンジニアにとってはテストは欠かせないですよね!

というわけで、僕もどんどんやってみたいと思います!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away