Help us understand the problem. What is going on with this article?

【はじめてのUipath】さくっとOCR処理をしてみる!

今回はUipathでさくっとOCR処理をしてみます。

かんたんに言えば、画像の中の文字を認識してくれるやつですね!

早速まいりましょう!

1. OCR処理をしたい画像を用意する

とりあえずOCR処理が簡単そうな背景白の文字しかない画像を用意しました。

ocr_test.PNG

2. 新しいプロジェクトを作成する

この辺はやりたい人だけどうぞ!

新しい空のプロセス 2019_05_01 14_28_47.png

3. OCR処理をしたい画像を開いた状態で「画面スクレイピング」をクリックする

  1. OCR処理をした画像を開いておきます。
  2. 「デザイン」タブの「画面スクレイピング」をクリックします

スクリーンショット (32).png

  1. OCR処理したい画像をクリックします

スクリーンショット (33).png

4. OCR処理の設定をします

OCRエンジンはMicrosoft OCRにしました
拡大・縮小は数字が大きいほうが解像度がよくなるらしいです!

が、この場合は7以上は拡大できませんでした。。。

画面スクレイピングウィザード 2019_05_01 14_49_13.png

うーん、ちょっとおしい!!笑

右下の「終了」を押して、処理を続ける

先程の画面の右下に「終了」という文字があるので、それをおしたらこんな画面になります。

UiPath Studio - ocr_test 2019_05_01 14_54_26.png

次に、アクティビティパネルから、「テキストファイルを書き込む」をドラッグアンドドロップでもってきて、

  • 上段は書き込むファイルのパスと名前
  • 下段は、ファイルの中身(ここでいう、OCRで取り出したテキスト)

を入力します。

UiPath Studio - ocr_test 2019_05_01 14_58_54.png

上段はみなさんお好きなようにしてください。

下段は私はApplicationframehostExにしていますが、ちゃんと意味があります!

OCRで抽出されたテキストに変数がわりあてられている

「OCRでテキストを取得」をクリックすると、変数のところに「ApplicationframehostEx」というのがあります。

そして、プロパティパネルをみると出力テキスト部分にもApplicationframehostExと書かれてあります。

つまり、OCRで抽出されたテキストは自動で変数「ApplicationframehostEx」に入っているのです!

UiPath Studio - ocr_test 2019_05_01 15_02_01.png

実行する

F5キーを押すと、実行されます!

実際にやってみてください!

僕は実際に実行できました。

今回はこれでおわりです!!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away