Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
68
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@n_morioka

Githubの2段階認証を実施してgitコマンドが使えないときにやったこと

More than 3 years have passed since last update.

Githubの2段階認証を実施してやったこと

Githubの2段階認証(Two-Factor Authentication)とは?

まずは2段階認証の説明など

Github上のアカウントのセキュリティ向上のために、パスワードによるログインだけでなく2段階目の認証を追加出来る

2段階認証の設定方法

細かい設定については記載しないが、まずはGithubのサイトにログインし、アカウントの設定画面から設定可能
(https://github.com/settings/profile)

設定項目の「Security」から設定可能

gitコマンドでの利用

2段階認証とgitコマンド

素朴な疑問として、gitコマンドで2段階認証ってどうするの?というところがある
対策としては Personal access tokens を利用すべし

Personal access tokens

2段階認証を設定しているGithubアカウントにて、Githubサイトの設定ページ(https://github.com/settings/profile) にアクセスしPersonal asccess toensを取得する

作成時に「どこまでの権限を付与するか」のチェック項目があるが、gitコマンドでの操作であればとりあえず
repo
があれば大丈夫

スクリーンショット 2017-06-27 18.44.08.png

ここから Generate token すると token(40文字の英数字)が発行される

gitコマンドでの利用

通常のgitコマンドセットアップや利用開始と同じような流れで、パスワード入力の箇所でaccess tokenそのものを入れるだけである
以下はgit cloneしようとしたときのサンプル

$ git clone https://github.com/sample.git
Cloning into 'sample'...
Username for 'https://github.com': nmorioka
Password for 'https://nmorioka@github.com':(access token:40文字の英数字)

あとは他所(Source Treeなど)でも利用出来るように
git credential-osxkeychain
あたりを設定しておけば良いはず

68
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
n_morioka
京都のウェブ系開発エンジニアです。 java, scala ,ruby等々やってます
furyu
プリ機やWEBサービス、ゲームなど様々なジャンルの開発をしています。人々のこころを豊かで幸せにする良質なエンタテインメントを創出していきます!

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
68
Help us understand the problem. What is going on with this article?