Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure のシリアルコンソールを使って Linux OS の ブートメッセージ を見られないときのトラブルシューティング

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Azure ではシリアルコンソールを利用してシングルユーザモードになれたりする のだが、ブートメッセージが出てこなかったため、原因と対策を考える

事象

過去に作ったCentOS 7.3 を利用して発生。シリアルコンソールを繋ぎながら再起動してもブートメッセージの画面が出てこない。
下記は最新の CentOS 7.5 をマーケットプレイスから作成して同じ操作をして出てくる画面
image.png

原因

/boot/grub2/grub.cfg を比較すると、新しいマシンの方にいくつか古い方に見られない行があった。

# sdiff grub.cfg_cent75 grub.cfg_cent73

(中略)

serial --speed=115200 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1  | terminal_output console
terminal_input serial console                                 <
terminal_output serial console                                <

(後略)

以下のサイトによると、シリアルデバイスのイニシャライズができていなかったから...?
https://www.gnu.org/software/grub/manual/grub/grub.html#serial

CentOS 7.3 でもシリアルコンソール自体はできるが、起動時にブートメッセージを表示するにはこの行が必要なのかもしれない。

serial --speed=115200 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1

対策

当該行を grub.cfg に追記したら無事にブートメッセージが表示されるようになった。
image.png

参考になれば幸いです。

n_mikuni
IoTとAzureが好きです。株式会社ソラコムのCustomer Reliability Engineer
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away