Help us understand the problem. What is going on with this article?

新元号「令和」で最速IoTしたったww #新元号 #令和

「あやかって何かやってみたかっただけのやつ」です。


https://www.instagram.com/p/Bvsl-u0j8jZ/

社長ののびすけとメイカーうこが新元号発表に合わせてIoT派手イケディスプレイキャップをアレンジしたよ!

11:25くらいに思いついてやってみました。

新元号発表待ち構えてます。


https://www.instagram.com/p/Bvskp5gjpya/

過去に作った「IoT派手イケディスプレイキャップ」で新元号

過去にギャル電さんとukoさんが作ったこのディスプレイに新元号「令和」を!


【dotstudio×ギャル電】IoT派手イケディスプレーキャップをつくったよ!

ツイートするとディスプレイに文字が反映される仕組みが基本です。

なので これ被ってツイートするときは気をつけないといけないやつ です。

ドット絵のあたりの処理とかはIoTLTでのうこさんの発表資料をご参照ください。

新しくローカルの画像もアップロードできるようにしてみた

ESP8266の中にWebサーバーを立てて、そこに画像を投げ入れるような仕組みも作って自由度を上げてみました。

server.ino
void serverInit() {
  // ドット絵ファイル一覧表示
  server.on("/list", HTTP_GET, handleFileList);
  // HTMLエディタ表示
  server.on("/edit", HTTP_GET, [](){
    if(!handleFileRead("/edit.htm")) server.send(404, "text/plain", "FileNotFound");
  });
  // PUTメソッドで新しいファイルを作成
  server.on("/edit", HTTP_PUT, handleFileCreate);
  // DELETEメソッドでファイルを削除
  server.on("/edit", HTTP_DELETE, handleFileDelete);
  // POSTメソッドで既存ファイルをアップロード
  server.on("/edit", HTTP_POST, [](){ server.send(200, "text/plain", "Post OK."); }, handleFileUpload);
  // SPIFFS内に対象ファイルがみつからなかったら404
  server.onNotFound([](){
    if (!handleFileRead(server.uri())) server.send(404, "text/plain", "FileNotFound");
  });

  // サーバー起動
  server.begin();
}

そう、独自のserverクラスを@ukk0さんが作ってました。このままコピっても動きません。

令和を写してみた

今回はドット絵を作ってみました。 @ukk0さんの最速ライブ対応です。


https://www.instagram.com/p/BvsldOJD7h5/

うん。
最速感でたかな。

出てたら満足です。

新年度ですね。仕事しよ。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away