Help us understand the problem. What is going on with this article?

nvm自体のバージョンを上げる

More than 5 years have passed since last update.

最近 iojsが3.0.0にバージョンアップしましたね

昨日8/5のニュースです。 JavaScriptプラットフォームの最新版「io.js 3.0.0」がリリース

さっそくiojs3.0.0を入れてみようと思ってnvm ls-remoteしたらリストになかったので、そういえばnvm自体のバージョンが古かったなと思い、アップデートしてみました。

nvm

Node.jsのパッケージマネージャーであるnvm。

公式リポジトリはこちらです。 https://github.com/creationix/nvm

元某社CTOさまのnodebrewもいいんですけど、最初にnvmに触れたのでこっちを使ってます。

ちなみに入ってたバージョンは0.21.0

$ nvm --version
0.21.0

ls-remoteで取れるリストにiojsが無いです笑

$ nvm ls-remote
v0.1.14
・
省略
・
v0.12.6
v0.12.7

こんな感じで0.12系は最新を取ってきてくれます。

nvm自体をアップデート

以前私が書いた記事ではnvmをgit経由でインストールしていました。

いまアツいJavaScript!ゼロから始めるNode.js入門〜5分で環境構築編〜

~/.nvmフォルダがgitリポジトリになってるのでgit pullで最新にして~/.nvm/nvm.shを適用させます。

$ cd ~/.nvm
$ git pull origin master
$ source ~/.nvm/nvm.sh

これでおkです。

$ nvm --version
0.25.4

バージョンが上がってますね!

$ nvm ls-remote
v0.1.14
・
省略
・
iojs-v2.5.0
iojs-v3.0.0

こんな感じでiojsもリストに入ってきました。

おまけ iojs3のインストール

インストールします。

$ nvm install iojs-v3
$ node -v
v3.0.0

デフォルトをiojs-v3に

$ nvm alias default 
efault -> iojs-v3 (-> iojs-v3.0.0)

まとめ

前に、npm自体のバージョンを上げるって記事書きましたけど、バージョンを管理するツールとかのバージョンを上げる話ってググりにくいですよね苦笑

n0bisuke
プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」で教えたりしてます。 プロフ -> https://dotstud.io/members/n0bisuke
https://protoout.studio
dotstudio
全ての人がモノづくりを楽しむ世界を目指して活動しています。
https://dotstud.io
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした